FC2ブログ

動物樹「カブトムシの幼虫」

カブトムシ幼虫カブトムシ幼虫・本物
弟子のハンター2号と、シーサイドラインに乗って横浜市の長浜公園へ。
今回は中央広場付近に的を絞って珍樹ハント開始。さっそく2号が何か見つけたぞ。

弟子「師匠、回転技を使っておもしろい珍樹を発見しました」
珍樹ハンター「どれ、2号。カメラのモニターを見せてみろ」
弟子「横イチで撮った写真を縦イチにして見る。えい、モニターを90度回転。どうです、師匠。カブトムシの幼虫にそっくりですよね」
珍樹ハンター「これは、くるっと丸まった感じがよう表現されとるな」
弟子「プリプリ、ムチムチ感も良く出てる。ボク、カブトムシ好きなんですよー」
珍樹ハンター「2号、ワシはどちらかというとクワガタ派じゃ。今でも育てとるぞ」
弟子「カブトムシは1年で死んじゃうけど、クワガタの成虫は越冬しますからね」
珍樹ハンター「おい、2号。木を見ながら何をボーッと考えとる」
弟子「あの穴から夏にカブトムシが出てきたらおもしろいなーと思って」
珍樹ハンター「はははっ、樹木がクヌギやコナラだったらありえるかもしれんが、ヤマモモでも無いとは言えんぞ。どこからか飛んできて、たまたま穴の中に卵を産んどるかもしれん」
弟子「へぇー。そうなったら、すごいですね、師匠!!」

(発見場所/横浜市 長浜公園・樹木名/ヤマモモ)

人面樹「ケンドーコバヤシ」

ケンコバケンコバ・本人jpeg
早朝からJR葛西臨海公園駅で待ち合わせた二人。
臨海公園で珍樹ハントと思いきや、観覧車に背を向け、葛西市場西門までやってきた。

弟子「師匠、臨海公園ではなく、今日はどこへ行くんですか?」
珍樹ハンター「ほれ、道路をよく見ろ」
弟子「市場へやってきたトラックがたくさん止まってますけど」
珍樹ハンター「何を見とる。街路樹じゃ、街路樹。タブノキに続いてこの先はアオギリの並木道じゃ。まだ若木で背は低いが、変化に富んだ樹木がたくさんあるぞ」
弟子「そう言われれば背の低い木にしては、変わった形をした木が多いですね」
珍樹ハンター「よし、一本一本端から攻めていくぞ」
弟子「あっ、師匠。あそこにケンコバさんの顔が」
珍樹ハンター「樹皮が少し荒れとるが、目、鼻、口とパーツが揃った人面樹じゃな」
グ〜〜
珍樹ハンター「なんじゃ、腹が鳴っとるが朝飯を食っとらんのか。よし、腹が減ってはハントができぬ。市場の店で腹ごしらえをしてからじっくりとハントしよう」
弟子「師匠、でもまだ9時ですよ」
珍樹ハンター「大丈夫、早朝からやっとる。メニューに寿司がない小池寿司食堂へ行くぞ」
弟子「えっ!? 寿司がない寿司屋さん??? ワケがわからないけど、とにかく行きましょうー」

(発見場所/江戸川区 葛西市場付近・樹木名/タブノキ)

動物樹「トカゲ」

トカゲ・2020.1
トカゲ2020.1・本物
弟子のハンター2号と、前回は堺正章の人面樹を見つけた多摩湖自転車歩行者道へ。
今回は西武線小平駅を下車、前半をショートカットして多摩湖を目指す。

弟子「師匠、八坂駅前までやってきましたね」
珍樹ハンター「2号、今日は歩くペースが早いぞ。ペースが早くなればなるほど珍樹の発見率が悪くなる。1本1本止まって、じっくり観察するんじゃぞ」
弟子「そういえば今日はまだ一つも見つけていませんね。やっぱり歩くのが早いと見落とすことが多いのかなー。あれ!? 師匠?? 首を傾けて、どうしました? 肩コリ体操ですか?」
珍樹ハンター「2号、あの線路沿いにある桜の幹を縦に撮って横にして見てみろ」
カシャ!! カシャ!!
弟子「うわっ、師匠!! これは大きなトカゲの顔ですね」
珍樹ハンター「2号、発見率を高めるには、樹木を横から下からいろいろな角度で見ることが必要じゃ。ワシが日々教えてきた珍樹ハントの様々なテクニックを忘れてはいかんぞ」
弟子「はい、了解です!! なんだかエリマキトカゲみたいですね」
珍樹ハンター「よし、2号。もう少し周りの枝が見えるまで幹全体を引いて撮れ」
カシャ!! カシャ!!
弟子「はははっ!! 師匠、幹にまとわりついた小枝がエリマキみたーい!!」

(発見場所/西東京市〜東村山市 多摩湖自転車歩行者道・樹木名/サクラ)

人面樹「デビッド・ベッカム」

デビットベッカムデビットベッカム・本人
関越自動車道・所沢インター付近にある滝の城址公園で珍樹ハント。
しかし珍樹は一つも見つからず。最寄りのJR東所沢駅へ向けて帰り道を行く二人。

弟子「師匠、園内に血の出る松と書かれた石碑がありましたけど」
珍樹ハンター「かつてあそこに血のような樹液を出す松があったんじゃよ」
弟子「へぇ〜、赤い樹液を出す松なんて珍しいですね」
珍樹ハンター「昔あの場所に城があってな。討ち死にした城兵の血が地面に染み込んだと言われとる。昭和47年に枯れてしまったが、切り株は今でも保管されているそうじゃぞ」
弟子「師匠、それはちょっと不気味な話ですね」
珍樹ハンター「おっ、あの造園会社の敷地にあるカエデを見ろ。ベッカムの顔があるぞ」
弟子「うわっ、これはかなりイケメンの顔ですね」
珍樹ハンター「少しアゴがトンガリ過ぎとるが、ヒゲに見えていい感じじゃな」
弟子「根元にあるから幹がちょうど首みたいにも見えますね」
珍樹ハンター「この顔は蛾のマユが目になっとるのも特徴じゃ」
弟子「幹のくぼみに付着した茶色い貝殻みたいなやつですね」
珍樹ハンター「蛾のヤツらもよくぞバランスよくいい場所にマユをつけたもんじゃな」
弟子「師匠、蛾のマユを目に見立てるなんて珍樹も奥が深いですね」

(発見場所/JR東所沢駅周辺・樹木名/カエデ)

動物樹「ツル」

ツル・2020.1ツル2020.1・本物
北区にある赤羽自然観察公園で珍樹ハントするも、いっこうに見つからず。
赤羽駅の西側から東側に場所を変えて、再び散策を開始する二人。

弟子「師匠、樹木がいっぱいあった公園なのに一つも見つかりませんでしたね」
珍樹ハンター「あそこは元自衛隊の駐屯地があった場所じゃ。整備して様々な樹木が植生されてとるが、年月が浅い公園のせいか太い樹木がないのが残念じゃ」
弟子「あっ、師匠。あの学校を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これは小学校にしては珍しい。桜ではなくプラタナスが並んどる」
弟子「師匠、久しぶりにプラタナスの模様に珍樹を探しませんか?」
珍樹ハンター「よし、そうするか。迷彩模様の樹皮は珍樹の宝庫じゃぞ」
弟子「あっ、師匠。おもしろい形を発見しましたが、コレなんだろう?」
珍樹ハンター「おい、何だろうでお終いにするな。想像力をフル活用して見立てるんじゃぞ」
弟子「うーん、風見鶏、フラミンゴ......、うーん!?」
珍樹ハンター「ツル!!」
弟子「師匠にはツルに見えるんだー。イラストのように描かれた可愛いいツルですね。珍樹って、人によっていろいろな見立て方があっておもしろーい」

(発見場所/北区立神谷小学校・樹木名/プラタナス)

人面樹「川田裕美」

川田裕美川田裕美・本人
弟子のハンター2号と、板橋区にある前野原温泉さやの湯処へ。
と、その前に、近くにある見次公園で生ビールを賭けて珍樹ハント開始。

弟子「師匠、先に珍樹を見つけた方が湯上りに生ビールをタダで飲めるんですよね?」
珍樹ハンター「そうじゃ、2号。これはビールを賭けた珍樹ハントの勝負じゃぞ」
弟子「よーし、見つけるぞー」
珍樹ハンター「2号、悪いが勝負はすでにワシのものじゃ」
弟子「えっ!? 師匠。もう見つけたんですか?」
珍樹ハンター「2号、あの目の前の太いサクラの枝を見ろ」
弟子「うん!? ボクには何も見えませんけど」
珍樹ハンター「2号、枝の裏側じゃ。裏に人面樹がおる」
弟子「うわっ、これは川田さんの顔みたいですね。目の感じが似てるかな。でもこんなに都合よくすぐ見つかるなんて怪しいですね。師匠、もしかして下調べしに来ていませんか?」
珍樹ハンター「2号、何を言っとる。ビール一杯でそんなセコいことはせぬ」
弟子「だって、裏側に顔があるのがわかるなんて超能力者じゃあるまいし」
珍樹ハンター「2号、ワシもびっくりじゃ。これはまぐれじゃ、奇跡じゃ」
弟子「えっ!? まさか一か八かの運試しで大当たりってこと? さすが、ギャンブラー・師匠!!」

(発見場所/板橋区立見次公園・樹木名/サクラ)

動物樹「キツネ」

キツネ2019
キツネ2019・本物
小田急線伊勢原駅から歩いて40分のところにある伊勢原市総合運動公園へ。
今回は約5年前に見つけたタイの珍樹の安否確認が目的だが、園内は工事中。

弟子「師匠、大変です。タイがあった自由広場が工事中です」
珍樹ハンター「確か、広場の周りにあったソメイヨシノの幹だったはずじゃ」
弟子「師匠、大変です。木が何本か切られています」
珍樹ハンター「たぶん、あの辺りじゃな。これは柵があって入れんし、今回は諦めるか」
弟子「師匠、きっと切られてますよ。あー、あのタイ、けっこうリアルだったのに残念だなー」
珍樹ハンター「おい、あのエゴノキを見ろ」
弟子「うわっ、これは目を細めたキツネの顔ですね」
珍樹ハンター「飛び出た枝が、まるで鼻のように見えるぞ」
弟子「ほんとだー。だまし絵みたーい」
珍樹ハンター「これぞ、目の錯覚を利用した珍樹マジックじゃな」
弟子「師匠、タイには再会できなかったけど、その代わりにおもしろい珍樹を発見できて、ボク大満足です。またいつかこのキツネの安否確認をしに、ここに来ましょうね」
珍樹ハンター「よし、帰りは伊勢原駅前の麻釉で、うまいトンカツを食って帰るぞ」
弟子「わーい!!」

(発見場所/伊勢原市総合運動公園・樹木名/エゴノキ)

人面樹「ボブ・サップ」

ボブサップ2019.12ボブサップ・本人2019.12
弟子のハンター2号と、東武線東岩槻駅から歩いて15分のところにある南平野公園へ。
あまり大きな公園ではないが、樹木がたくさんあって珍樹ハントにぴったり!!

弟子「師匠、この公園、真ん中に大きな池があるんですね」
珍樹ハンター「2号、この池は人工的に作られた調整池じゃ。下の方にあるので夏は葉っぱで上からはあまり見えないが、冬は丸見えじゃな」
弟子「師匠、それにしても桜が多いですね」
珍樹ハンター「このへんでは花見の名所として知られとる。桜は珍樹発見率の低い樹木じゃが、これだけあれば何か見つかるじゃろ」
弟子「あっ、師匠。あの木、桜ではないですよね? ボブ・サップさんの顔みたいですけど」
珍樹ハンター「2号、これはヤマモモじゃ」
弟子「おでこが、いい感じで似てますね」
珍樹ハンター「おい、2号。何をしとる」
弟子「寒そうなので、おでこをさすってあげてます」
珍樹ハンター「だったら、2号のニット帽をかぶせてやれ」
弟子「ははは、似合う〜」
珍樹ハンター「笠地蔵のように今晩いいことがありそうじゃな」

(発見場所/さいたま市 南平野公園・樹木名/ヤマモモ)

人面樹「堺正章」

堺正章堺正章・本人
JR武蔵境駅から多摩湖自転車歩行者道を通って多摩湖方面へ。
途中、沿道にあるタケノコ公園でひと休みする二人。

弟子「師匠、まだ5kmしか歩いていませんね」
珍樹ハンター「多摩湖まで続くこの道はあと10kmくらいあるぞ」
弟子「ということは、まだ3分の1しか歩いてないのかー」
珍樹ハンター「なに、珍樹ハントしながら歩けば、あっという間じゃ」
弟子「あっ、師匠。あそこに堺正章さんの顔がありますけど」
珍樹ハンター「おっ、これは口元がぼんやりとしとるが、目と髪の生え際がよう似とるぞ」
弟子「師匠、ケヤキの樹皮のブツブツって、ホント煩わしいですよね」
珍樹ハンター「まあ、そういうな。このブツブツこそケヤキの特徴で、このブツブツによってケヤキならではの珍樹を生み出すことだってあるんじゃ」
弟子「なるほど。樹木も生き物、人間と同じで個性を大事にしなくちゃいけませんね」
珍樹ハンター「よし、まだ昼には早いが、この先にある丸亀製麺で腹ごしらえしよう」
弟子「了解!! 今日はボク、冬限定のカキづくしあんかけにしよーっと」

(発見場所/西東京市〜東村山市 多摩湖自転車歩行者道・樹木名/ケヤキ)

人面樹「蝶野正洋」

蝶野正洋2019蝶野正洋2019・本物
弟子のハンター2号と、東京メトロ新木場駅から夢の島公園へ。
しかし園内が工事中で思うようにハントできず、緑道公園へ場所を変えることに。

弟子「師匠、夢の島公園のすぐ隣りに、緑道があるなんて知りませんでした」
珍樹ハンター「2号、これは湾岸道路に沿って続くマテバシイ並木の緑道じゃ」
弟子「師匠、でもなんで夢の島公園は工事中なんですか?」
珍樹ハンター「たぶん東京オリンピックの会場になるからじゃろぅ」
弟子「なるほど。それで園内を整備しているんですね」
珍樹ハンター「確かここでアーチェリー競技が行われるはずじゃ」
弟子「あっ、師匠。あのマテバシイの幹を見てください。蝶野さんの顔がありますよ」
珍樹ハンター「はははっ、2号、どのマテバシイじゃ。ここにある木はほぼマテバシイじゃぞ」
弟子「フェンスの角から3本目の木です。なんだか怒ってるみたいですよ」
珍樹ハンター「おい、やばい、2号、逃げろ!! 地面から根っこが浮き出たぞ」
弟子「えっ!? 根っこが!? マジ!?」
珍樹ハンター「根っこは樹木の足なんじゃ。得意技、ケンカキックが飛び出すぞ」
弟子「ヒェ〜!! 師匠、早く逃げましょー」

(発見場所/都立夢の島緑道公園・樹木名/マテバシイ)

動物樹「メガネザル」

メガネザル2019.11
メガネザル2019.11・本物
武蔵野の豊かな自然が楽しめる狭山市の智光山公園へ。
園内には、こども動物園やヘラブナ釣り場などさまざまな施設があるぞ。

弟子「師匠、とても広い公園なんですね」
珍樹ハンター「総面積は50ha以上、東京ドーム11個分の広さがあるぞ」
弟子「もともと雑木林だったんでしょうか。コナラやクヌギ、アカマツが多いですね」
珍樹ハンター「発見率の悪い樹木ばかりじゃな。都市緑化植物園の方でハントするぞ」
弟子「あっ、あそこにメガネザルみたいな目のまん丸い顔がありますよ」
珍樹ハンター「おっ、これはケヤキの樹皮をうまく活かした珍樹じゃな。枝の落ちた痕が丸い目になって、樹皮の裂け目が口になっとる。顔の輪郭もあって完成度は高いぞ」
弟子「あれ!? 師匠。丸いメガネなんか出して、どうしたんです?」
珍樹ハンター「この時のためにドンキで買って、いつも持ち歩いていたんじゃよ」
弟子「メガネザルに出会った時のためですか?」
珍樹ハンター「そうじゃ。あれは確か2年前の夏じゃった。八王子市にある富士森公園でメガネザルの珍樹にワシの四角い黒ぶちメガネをかけさせてやったんじゃが、不満そうじゃった」
弟子「はははっ、師匠。僕その気持ちわかります。珍樹ハンターって、優しー!!」

(発見場所/狭山市 智光山公園・樹木名/ケヤキ)

珍樹「ゼニガメ」

ゼニガメ2019.11
ゼニガメ2019.11・本物

弟子のハンター2号と、横浜港に面した山下公園へ。
珍樹ハント開始前に、まずは氷川丸の前で記念撮影。

弟子「師匠、本当に二人並んで記念写真を撮るんですか?」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号。嫌なのか?」
弟子「だって、三脚立てて写真撮ってるの僕たちだけですよ。みんなスマホで自撮りだし」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号。恥ずかしいのか?」
弟子「あっ、師匠!! あれを見てください!!」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号。大声をあげて話をそらすな!!」
弟子「師匠、カメです、カメ!!」
珍樹ハンター「2号、モが抜けとる。カモメは港に飛んどるが、カメはおらんぞ」
弟子「師匠、カメの珍樹です。ポケモンのゼニガメみたいな可愛い顔ですよ」
珍樹ハンター「よし、2号。記念撮影は後回しじゃ。腹が減った、江戸清へ行くぞ」
弟子「えっ!? 江戸清って、中華街で一番肉まんが大きい店ですよね」
珍樹ハンター「Wカップの時は、期間限定のラクビーまんでも話題になったぞ」
弟子「師匠、ゼニガメの写真撮ったら、すぐ行きましょう。わーい、楽しみー」

(発見場所/横浜市 山下公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「カメレオン」

カメレオン2019.11カメレオン2019.11・本物
都立清澄庭園で3時間ハントするも珍樹はひとつも見つからず。
園内を出て隣りにある清澄公園へ移動。

弟子「師匠、ぜんぜん見つかりませんでしたね」
珍樹ハンター「まあ、こういう時もある」
弟子「入園料300円が無駄になってしまいましたね」
珍樹ハンター「よし、落ち込んでてもしょうがない。気分を変えて珍樹ハントを再開するぞ」
弟子「あっ、師匠。あのマテバシイの看板がある幹を見てください。大きく口を開けたカメレオンが、目の前の葉っぱを食べようとしてますよ」
珍樹ハンター「おっ、開始早々、見つけたな。これは、よう似とる」
弟子「そういえば、師匠。昨年拾って持ち帰った袋いっぱいののマテバシイのドングリ、どうしました? 鉢植えした僕のドングリは、芽が出て10cmくらい成長しましたよ」
珍樹ハンター「ワシは食べたぞ」
弟子「えっ!? 食べたって、クッキー? それとも炊き込みご飯で?」
珍樹ハンター「いや、ナマじゃ。やっぱりドングリはマテバシイよりスダジイの方がうまいぞ」
弟子「ナマで一袋全部食べるとは、さすが、師匠!!」

(発見場所/江東区 清澄公園・樹木名/マテバシイ)

動物樹「サル」

サル2019.10サル2019.10・本物
茗荷谷駅近くにある花のれんで、特製旨み鶏だしラーメンを堪能。
食後は弟子のハンター2号と近くにある小石川植物園を散策。

弟子「師匠、ロースとバラのダブルチャーシュー、最高でしたね」
珍樹ハンター「生醤油を使ったスープは独特の風味がたまらんのぅ」
弟子「トロっとろの味玉も美味しかったー」
珍樹ハンター「ミシュランガイドに掲載された播磨坂もりずみが閉店してしまったから、小石川植物園周辺のうまいラーメン屋は、もうここくらいじゃな」
弟子「あっ、師匠。あの目の前の木にサルの顔がありますけど」
珍樹ハンター「おっ、2号。これは苔むしたソメイヨシノの老木に現れたいい顔じゃな」
弟子「こっちを見つめるキリッとした目がたまりませんね」
珍樹ハンター「老木特有の幹のくぼみが、立体感のある顔を作っとるぞ」
弟子「師匠、実はボク申年なんです」
珍樹ハンター「そうか。それで2号はサルを見つけると目の色が変わるんじゃな」
弟子「サルは発見率の高い珍樹ですからね」
珍樹ハンター「よし、これまでサルをどのくらい見つけたか今度データを整理してみよう」
弟子「師匠、やりましょう。わーい、楽しみ!!」

(発見場所/小石川植物園・樹木名/ソメイヨシノ)

動物樹「ヤドカリの目」

ヤドカリ目ヤドカリ目・本物
あきる野市の小峰公園で、入口から二手に分かれて珍樹ハント。
園内一番奥にある標高336mの園内最高地点で合流することに。

弟子「師匠、大丈夫ですか? かなりハアハア言ってますけど」
珍樹ハンター「最近、少し運動不足でな。ジョギングもサボってばかりじゃ」
弟子「で、師匠は何か見つけましたか?」
珍樹ハンター「いや、登り坂がきつくて、探す余裕が全くなかったんじゃよ」
弟子「あー、師匠。運動不足だなんて言って、本当は二日酔いでしょ。息が酒臭ーい!!」
珍樹ハンター「で、何か見つけたか?」
弟子「うーん、見つけたことは見つけたんですが、あまりパッとしなくて。師匠、はいこれです。スパッと切られた2本の枝がヤドカリの目に見えませんか?」
珍樹ハンター「おい、これはシンプルでなかなか面白い珍樹じゃぞ。これは枝ではなくて幹に巻きついたキヅタじゃ。毛羽立ってる感じもヤドカリみたいじゃな」
弟子「へぇ〜、枝ではなくキヅタか〜」
珍樹ハンター「よし、この珍樹を見て帰ろう。このキヅタがどう巻きついているかワシも見てみたいし、少しアングルが高すぎるから、もう一度撮影するぞ」
弟子「師匠、了解しました。ヤドカリまでボクがこれからナビゲートします!!」

(発見場所/都立小峰公園・樹木名/シヌシデ&キヅタ)

動物樹「ライオン(メス)」

ライオン・メス
弟子のハンター2号と、御朱印をいただきに目黒区の目黒不動尊へ。
参拝した後は、近くにある林試の森公園で以前見つけたライオンの安否確認。

弟子「師匠、今日は3種類の御朱印をいただきました」
珍樹ハンター「2号は本当に御朱印めぐりが好きじゃな」
弟子「御朱印のほかに今、山手七福神めぐりもやっていて、目黒不動尊には恵比寿様が祀られているんですよ。はい、これが恵比寿神の御朱印です。師匠も一緒にどうですか?」
珍樹ハンター「目黒不動尊は日本三大不動の一つ。ワシはお参りできただけで十分じゃ。さて、ライオンの安否確認を始めるぞ。この先のタラヨウの木だったはずじゃ」
弟子「あっ、師匠、ありました。タラヨウって葉っぱに字が書ける木ですよね」
珍樹ハンター「見つけてから9年経っているのに朽ちていないぞ。成長とともに少し丸みが出てきて迫力がなくなってしまったが、無事で何よりじゃ」
弟子「樹皮もなんだかツルンとして荒々しさがなくなりましたね」
珍樹ハンター「2号、暗くなってきたから早よ写真を撮ってしまえ。前の写真をよくみながら、なるべく同じ角度でな。感度を上げて、明るく撮るんじゃぞ」
弟子「はい、師匠。了解しました!!」

(発見場所/都立林試の森公園・樹木名/タラヨウ)

動物樹「ネコ」

ネコ2019.10
ネコ2019.10・本物
国立科学博物館附属の自然緑地である港区の自然教育園へ。
樹齢300年の「大蛇の松」や「物語りの松」を見ながら園内をのんびり散策。

弟子「師匠、空に向かってぐーんと伸びた大蛇の松、大迫力でしたね」
珍樹ハンター「ここはもともと江戸時代の屋敷跡で立派な庭園があったんじゃよ。そこに植えられていたクロマツが300年の時を経て大木になってしまったんじゃな」
弟子「あっ、師匠。あの土が盛り上がった部分は何ですか?」
珍樹ハンター「土塁じゃ。この地に館があった名残りじゃな」
弟子「うわっ!?」
珍樹ハンター「どうした? 土塁の中から何か出てきたか?」
弟子「師匠、違います。土塁の向こうにある木を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これは顔の輪郭まで表現した見事なネコじゃな」
弟子「眼を細めたデブ猫ちゃんですね。耳もちゃんとあって可愛いー!!」
珍樹ハンター「よし、大物の珍樹を見つけたことだし、帰りはラーメンをおごってやろう。園を出て交差点を渡ったところに、麺や維新があるんじゃよ」
弟子「維新って、ワンタンが美味しいところですよね。わーい、早く食べたーい!!」

(発見場所/国立科学博物館附属自然教育園・樹木名/ケヤキ)

人体樹「骨」

骨
骨・本物
弟子のハンター2号と、コスモスまつり開催中の昭和記念公園へ。
ワンワン!! ワンワン!! 樹木の前で犬が鳴いているぞ。いったい何だ!?

弟子「師匠、あの犬、さっきからずっと鳴いてますけど」
珍樹ハンター「2号、木の下に小判か何か宝物が埋まってるかもしれんぞ」
弟子「えっ!? マジ?」
珍樹ハンター「ここ掘れ、ワンワンじゃ。よし、見に行くぞー」
弟子「はははっ。師匠、幹を見てください。樹皮の模様が骨の形をしています」
珍樹ハンター「2号、この犬はこの骨をしゃぶりたくて鳴いとるんじゃな」
弟子「今にも飛びかかって、かぶりつきそうですね」
珍樹ハンター「よし、写真を撮ったら、もう少し花畑の方へ行ってみよう」
弟子「師匠、ところで前回セグウェイを予約するって約束しましたよね?」
珍樹ハンター「2号、悪い。ネットで値段を見たら高かったのでやめてしまった」
弟子「なんだー、楽しみにしてたのにガッカリです」
珍樹ハンター「よし、代わりと言ってはなんじゃが、あとでケヤキソフトアイスを奢ろう」
弟子「あっ、それって原っぱ中央売店限定のソフトですね」
珍樹ハンター「そうじゃ。緑の宇治抹茶と黒っぽいショコラコーンで樹木をイメージしとる」
弟子「わー、楽しみ。師匠、原っぱに立つ大きなケヤキを眺めながら食べましょーね」

(発見場所/国営昭和記念公園・樹木名/ケヤキ)

動物樹「寄り添う二匹の魚」

寄り添う魚
寄り添う魚・本物
昭和30年創業の亀戸餃子本店で、行列大人気の焼き餃子を堪能。
食後は隣駅に行き、猿江公園で樹木を眺めながらひと休み。

弟子「師匠、カウンターで席が離れてしまいましたけど、行列の割には回転が早くて思いのほか早く食べられましたね。何皿食べたんですか?」
珍樹ハンター「5皿じゃ」
弟子「5皿ってことは25個。けっこう食べましたね。ボクは最低の2皿でお腹いっぱいです」
珍樹ハンター「あと、デンキブランも3杯」
弟子「えっ!? ビールじゃなくてデンキブランですか。どおりで目が赤いと思ったー」
珍樹ハンター「おい、あのシラカシを見ろ」
弟子「うわっ、これは珍しい。魚が二匹、寄り添っているみたいですね」
珍樹ハンター「餃子を食べてはいかんぞ」
弟子「師匠、何を言ってるんですか? 魚は餃子なんか食べません」
珍樹ハンター「餃子を食うと、臭うからな。あまり近づいちゃあ、いかん」
弟子「師匠、かなり酔ってますね。大丈夫ですか? はい、お水」
ゲボッ!!
弟子「師匠、顔の近くでゲップをしないでください」
ゲボッ!!
珍樹ハンター「だから、あまり近づいちゃあ、いかんと言ってるんじゃ」
弟子「えっ!? ボクのこと?」

(発見場所/都立猿江恩賜公園・樹木名/シラカシ)

動物樹「タヌキ」

タヌキ2019.9
タヌキ2019.9・本物
弟子のハンター2号と、文京シビックセンター25階の展望ラウンジへ。
富士山や筑波山の眺望を楽しんだ後、隣駅にある小石川植物園を散策。

弟子「師匠、無料なのに絶景が楽しめて良かったですね」
珍樹ハンター「今日は天気が良かったから富士山の眺めも最高じゃったな」
弟子「今ボクたちがいる小石川植物園も展望室から見えましたね」
珍樹ハンター「そうじゃ、2号。展望室から見えた緑豊かな場所がここじゃ。東大の教育実習施設で、珍しい樹木もたくさん見られるぞ。よし、そろそろ珍樹ハントの開始じゃ」
弟子「あっ、さっそく珍樹発見!! 団子っ鼻のタヌキさんです」
珍樹ハンター「おっ、これはタラヨウの木じゃな」
弟子「タラヨウ? ですか?」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号。タラヨウは初めてか? ほれ、そこに落ちてる葉っぱをよこせ」
弟子「師匠、何してるんです? 葉っぱを小枝で削ったりして」
珍樹ハンター「ほれ、2号。こうして葉っぱの裏面を傷つけると字が書けるんじゃよ」
弟子「ホントだー。おもしろーい!!」
珍樹ハンター「郵便葉書はこれをヒントに考案されたらしいぞ。東京中央郵便局の前にはタラヨウが植樹され、今でも郵便局の木として定められとるんじゃよ」
弟子「はい、師匠。これ、どーぞ」
珍樹ハンター「なになに。“タラヨウのタヌキさん” じゃと」
弟子「タラヨウで書いた珍樹看板の出来上がり!! 顔の近くに貼っておきますね」

(発見場所/文京区 小石川植物園・樹木名/タラヨウ)

動物樹「ヤマネコ」

ヤマネコ
ヤマネコ・本物
今回は午後から西立川駅に集合し、昭和記念公園で珍樹ハント。
園内では9月14日からコスモスまつりを開催。

弟子「師匠、レインボープールも終わって、園内が一気に秋になったような感じですね」
珍樹ハンター「夕方になると秋の虫が鳴いとる。来週からはコスモスまつりも始まるぞ」
弟子「師匠、今年もまたコスモスの丘がピンク一色に染まるんですね。楽しみー」
珍樹ハンター「今年はみんなの原っぱでレモンブライトの摘みとり体験もやるそうじゃ」
弟子「あっ、師匠。あれを見てください。ヤマネコみたいな横顔がありますよ」
珍樹ハンター「おっ、これはイチョウ並木に現われた久しぶりの珍樹じゃな。イチョウの枝の落ちた痕は空洞になりやすい。この並木では同じパターンの珍樹がよう見つかるぞ」
弟子「あっ、師匠。あれは?」
珍樹ハンター「なに!? 今度は何の珍樹じゃ?」
弟子「いや、向こうから面白い乗り物がやってきます」
珍樹ハンター「あれはセグウェイじゃ。立ち乗り型の電動二輪車じゃよ。みんな連なって園内の見どころを回っとるんじゃろ。ガイドツアーが流行っとるらしい」
弟子「わー、ボクも乗りたーい。ねぇ、師匠。このあと乗りましょうよー」
珍樹ハンター「セグウェイは予約制じゃ。よしコスモスまつりが始まったら、予約してコスモスを見に行こう。秋の風を感じて気持ち良さそうじゃな」
弟子「やったー!!」

(発見場所/国営昭和記念公園・樹木名/イチョウ)

珍樹「デビルスタワー」

デビルスタワーデビルスタワー・本物
弟子のハンター2号と、江東区にある猿江公園へ。
今回は新大橋通りを越え、南側エリアに行ってみた。

弟子「師匠、南側エリアには池があるんですね」
珍樹ハンター「2号、だからこのあたりは水辺を好むメタセコイアが多いんじゃよ」
弟子「北側エリアには何度も行きましたけど、ボク南側は初めてです」
珍樹ハンター「おっ、2号。あのメタセコイアの切り株を見ろ。デビルスタワーじゃ」
弟子「ホントだー。想像力が膨らむー」
珍樹ハンター「ワシは古代巨木の切り株の化石だと思うが、2号はどうじゃ」
弟子「ボクはやっぱり溶岩が固まってそそり立った柱状節理説だと思います」
珍樹ハンター「なんじゃ、それでも樹木を愛する珍樹ハンターか?」
弟子「それはボクも岩より樹木が好きですけど、デビルスタワーが切り株だったら高さ6000m級の樹木になるんですよね。ボクには想像がつきません」
珍樹ハンター「2号は夢がないのぅ。想像の翼を目いっぱい広げるのが珍樹ハンターじゃ。常識や固定観念にとらわれず、いかなる時も自由な発想と遊び心を持つんじゃぞ」
弟子「はーい!!」

(発見場所/都立猿江恩賜公園・樹木名/メタセコイア)

人面樹「クリス松村」

クリス松村2019.8クリス松村2019.8・本人
京急鶴見駅前の鶴嶺峰で、濃厚つけ麺を堪能する二人。
食後は帰り道にある県立三ケ池公園に立ち寄り、珍樹ハント開始!

弟子「師匠、太麺にからみつく濃厚スープ、美味しかったですね」
珍樹ハンター「あそこは元力士の店じゃ。スープに入ったつくねも絶品じゃな」
弟子「へぇ〜。だから麺の量に、小結とか、大関とか、名前が付いていたんですね」
珍樹ハンター「ワシはメガ盛りの横綱を食った。ほれ、腹がパンパンじゃ」
弟子「あっ、師匠。あのマテバシイと書かれた木にクリスさんの顔がありますね」
珍樹ハンター「おっ、これは随分と頭がとんがった長い顔じゃな。あご勇にも似てるぞ」
弟子「師匠、写真を撮ろうと思うですが、顔にアリが多くて多くて。邪魔ですね」
珍樹ハンター「よし、秘密兵器じゃー」
パラパラ、パラパラ
弟子「師匠、クリスさんの頭から何をかけているんですか? まさか、塩?」
珍樹ハンター「おまじないじゃ。ほれ、アリがいなくなったぞ」
弟子「ゲッ!! ホントだ」

(発見場所/神奈川県立三ツ池公園・樹木名/マテバシイ)

動物樹「フクロウ」

フクロウ2019.8フクロウ2019.8・本物
弟子のハンター2号と、世田谷区の砧公園へ。
今回はサッカー場付近にあるアオギリを重点的に観察。

弟子「師匠、師匠がトイレに行ってる間に、さっそく珍樹を見つけました!!」
珍樹ハンター「なに、もう見つけたか。さすがアオギリは珍樹の宝庫じゃな」
弟子「これです、師匠。フクロウです」
珍樹ハンター「おっ、アオギリはやはり目の作り方がうまいな」
弟子「顔の輪郭もバッチリだし、遠くから眺めるとよりフクロウに見えますよ」
珍樹ハンター「2号、もう写真は撮ったな。よし、きぬた焼きを食うぞ」
弟子「師匠、きぬた焼きって、なんです?」
珍樹ハンター「2号、これじゃよ。砧公園の名物、きぬた焼きじゃ。あそこのパークスという売店で売っとる。トイレの帰りに買ってきた。つぶあんとカスタードがあるぞ」
弟子「はははっ、タヌキの型が押された今川焼きですね」
珍樹ハンター「タヌキをひっくり返して、きぬたにして食うんじゃぞ」
弟子「はーい、いただきまーす!!」

(発見場所/都立砧公園・樹木名/アオギリ)

人面樹「田村淳」

田村淳2019.8田村淳2019.8・本人
多摩川沿いの土手の上を、自転車で駆ける二人。
樹木が生い茂る広い河川敷は、珍樹ハントにもぴったり!

弟子「師匠、自転車で珍樹ハントに出掛けるなんて久しぶりですね」
珍樹ハンター「川沿いを行くには自転車が便利じゃ。ほれ、あの森を見ろ」
弟子「あれはなんです? 河川敷なのに、随分あのあたりだけ樹木が生い茂ってますね」
珍樹ハンター「子供たちが自然を活かして自由に遊べる水辺の楽校じゃ。木登りをしたり、水辺を観察して、多摩川の自然と親しむことができるんじゃよ」
弟子「へぇ〜、水辺の楽校かー。楽しそー!!」
珍樹ハンター「おっ、あの土手の斜面にあるエノキの若木を見ろ」
弟子「はははっ、あれはロンブー淳さんの顔ですね。歯が出た感じがそっくりー」
珍樹ハンター「口の脇にヒモがある。この形は幹に結んだヒモが食い込んで出来たんじゃな」
ガシャーン!!
弟子「師匠、どうしました? 大丈夫ですか?」
珍樹ハンター「口の形を見てたら、縁石に乗り上げてコケてしまった」
弟子「師匠、気をつけてくださいね。淳さんも笑ってますよー」

(発見場所/狛江市 多摩川河川敷・樹木名/エノキ)

動物樹「ヘビ」

ヘビ2019.8
ヘビ2019.8・本物
弟子のハンター2号と、立川市と昭島市に広がる昭和記念公園へ。
9月1日までサマーフェスティバルが開催され、園内は夏まっさかり!!

弟子「師匠、今日も暑いですね。ちょっと歩いただけで汗が出てきます」
珍樹ハンター「2号、ワシは流れるプールと波のプールで涼んでくる」
弟子「えっ!? プールって園内のレインボープールですか?」
珍樹ハンター「ワシは海パンを持ってきたぞ。2号は忘れたのか? 招待券もあることだし、せっかくなのでワシは行ってくる。くれぐれも熱中症には気をつけてハントするんじゃぞ」
弟子「あっ、師匠。ベンチの前にある木を見てください。ヘビが横たわっています」
珍樹ハンター「おっ、これはモッコクの枝を長い身体に見立てた大きなヘビじゃな」
弟子「なんだかこのヘビ、暑さでぐったりしてるみたい。なんだか顔が弱そー」
珍樹ハンター「確かに、弱っとる感じがするな。ワシは巳年だからヘビの気持ちがわかるぞ。では2号、ワシは行ってくる。横に長いから広角レンズに変えてうまく撮るんじゃぞ」
弟子「えっ!? 本当にボクを置いてプールへ行く気ですか?」
珍樹ハンター「2号、写真を撮ったら、このヘビに水をかけて生き返らせてやれ」
弟子「で、師匠もプールで水浴びですか! 一人で、ずるーい!!」

(発見場所/国営昭和記念公園・樹木名/モッコク)

人面樹「小峠英二」

小峠2019.7小峠2019.7・本人
都営新宿線住吉駅前にある肉そばけいすけで、背脂肉そばスペシャルを堪能。
食後は目の前に広がる猿江公園をのんびりと散策。

弟子「師匠、食べすぎてお腹パンパンです!!」
珍樹ハンター「背油とチャーシューのダブルパンチは腹にきくのぅ」
弟子「師匠はエッグライスも食べたんですよね」
珍樹ハンター「エッグライスはこの店の名物じゃ。来たからには食べないとな」
弟子「ふぅ、よいしょ。少しここのベンチで休憩しましょう」
珍樹ハンター「そうじゃな。まだ13時じゃ。焦ることはない。時間はたっぷりあるぞ」
弟子「あっ、あの木の根元に小峠さんの顔がありますけど」
珍樹ハンター「おっ、これは目の感じがよう似とるな。口元も雰囲気があるぞ」
弟子「師匠、すみませんが写真を撮ってもらえますか? ボクちょっと苦しくて」
珍樹ハンター「わかった。カメラを貸せ。おまえは少し休んでろ」
弟子「あれ!? 師匠、どうしました? 立ち止まったりして。撮らないんですか?」
珍樹ハンター「しゃがんで撮ろうと思ったら、ベルトが切れた」
弟子「マジ!? そんなに!! 小峠さんも冷たい視線で見てますよー」

(発見場所/都立猿江恩賜公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「オオハシ」

オオハシ2019.7
オオハシ2019.7.・本物
弟子のハンター2号と、ズーラシアへ動物観察&珍樹ハント。
広い園内、今回は北門から入っていつもと逆ルートをたどる。

弟子「師匠、樹木の多い動物園ですね」
珍樹ハンター「アフリカ、アマゾンなどエリアごとに樹木も違うから楽しいぞ」
弟子「師匠、今日は動物もよく観察して、今後の珍樹ハントに役立てます」
珍樹ハンター「2号、動物の姿や表情を記憶して、珍樹の見立てに活用するんじゃぞ」
弟子「あっ、師匠。あそこにクチバシの大きな鳥の珍樹がいますね」
珍樹ハンター「おっ、2号。これはオオハシじゃな」
弟子「確か園内にもオオワシがいましたね。師匠、本物と見比べてみましょう」
珍樹ハンター「はははっ、2号。聞き間違えとるぞ。オオワシではなくオオハシじゃ」
弟子「オオハシ!? ですか?」
珍樹ハンター「そうじゃオオハシじゃ。これはクチバシが大きいからオオオオハシじゃな」
弟子「了解!! では、オオオハシの写真を撮りますね」
珍樹ハンター「2号、まだ間違っとるぞ。オオオハシではなくオオオオハシじゃ」
弟子「オオオオハシ、ハシの前にオが4つですね。了解!!」

(発見場所/よこはま動物園ズーラシア・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「トンボ」

トンボ2019.7
トンボ2019.7・本物
令和の元号が入った御朱印をいただきに、明治神宮へ。
参拝後は日本一の木造大鳥居付近から参道を外れて、緑豊かな境内を散策。

弟子「師匠、見てください。念願の令和の御朱印をいただきました」
珍樹ハンター「ほう、それはよかった。今日はそんなに待ち時間もなくいただけたな」
弟子「ニュースで見ましたけど、改元された5月1日は10時間待ちでしたからね」
珍樹ハンター「あの日はどこも御朱印に行列ができたそうじゃな」
弟子「あっ、師匠。あのケヤキの幹にトンボの顔がありますけど」
珍樹ハンター「おっ、これは随分とはっきりしたトンボのメガネじゃな」
弟子「型を押したようなユニークな珍樹ですね」
珍樹ハンター「ところで明治神宮の宮の字には、なぜノが入っていないか知っとるか?」
弟子「えっ!? なんのことです、師匠?」
珍樹ハンター「御朱印の宮の字の呂の部分を見てみろ。ノが書かれてないじゃろ」
弟子「うわっ、本当だー。初めて知りました。何でです?」
珍樹ハンター「昔はノがなかったそうじゃ。明治神宮ではそれを伝承しとるんじゃよ」
弟子「へぇ〜、さすが師匠」
珍樹ハンター「どうじゃ、珍樹ハントで鍛えた観察力じゃよ。おまえもボーとしてないで、トンボのように目を大きくして、樹木以外のものもよく観察するんじゃぞ。わかったな」
弟子「はい!!」

(発見場所/渋谷区 明治神宮・樹木名/ケヤキ)

人面樹「あばれる君」

あばれる君2019.7あばれる君2019.7・本人
弟子のハンター2号と、昭和記念公園の盆栽苑へ。
見学後はみんなの原っぱ南側に移動し、珍樹ハント開始!

弟子「師匠、盆栽の枝振り、どれもこれも見事でしたね」
珍樹ハンター「2号、盆栽を眺めていると、珍樹ハントの訓練にもなるぞ」
弟子「ボク、白い枝の盆栽にホワイトスネークに似た珍樹を発見しましたよ」
珍樹ハンター「2号、それは真柏の枝じゃな。ほれ、これじゃろ。画面を見てみろ」
弟子「さすが、師匠!! ボクの知らぬまにスマホで撮っていたんですね」
珍樹ハンター「おっ、2号。あのユズリハの幹を見てみろ。たくさん顔があるぞ」
弟子「これは人面樹の宝庫ですね。根元にある顔は、あばれる君みたいですよ」
珍樹ハンター「はははっ、これは目がよう似とるな。よし、写真を撮ったら、この先にあるバーベキューガーデンで肉を食ってビールを飲もう」
弟子「別にいいですけど、これからボク一人で駅前まで肉とビールの買出しですか?」
珍樹ハンター「2号、今日はその必要はない。すべて予約したから手ぶらでOKじゃ」
弟子「えっ!? ホント? やったー!!」

(発見場所/国営昭和記念公園・樹木名/ユズリハ)

動物樹「メンコをつけた競走馬」

面子するウマ面子するウマ・本物
JR錦糸町駅で待ち合わせた二人。
駅から向かったのは、歩いて15分のところにある猿江公園。

弟子「師匠、猿江公園には一人でもよく来るんですか?」
珍樹ハンター「そうじゃな、他の公園に比べて珍樹ハントする頻度は高いぞ」
弟子「あっ、ひょっとしてウインズで馬券を買うついでに来てたりして」
珍樹ハンター「何を言っとる。ワシはギャンブルはやらん」
弟子「へぇ〜、意外ですね。耳に赤ペン挟みながら、昼間っからやってるウインズ周辺の酒場で、競馬新聞を読んでる姿なんて似合いそうですけど」
珍樹ハンター「なんじゃ。人を見かけで判断するもんじゃないぞ」
弟子「あっ、師匠。あそこにマスク(メンコ)をした競走馬が、、、」
珍樹ハンター「はっはっはっは。これはタイムリーな珍樹じゃな」
弟子「師匠、目のまわりの模様ですけど。なんていう名前だったか忘れました」
珍樹ハンター「ブランチバークリッジじゃな。枝と幹の成長でぶつかり合ってできた盛り上がったシワのことじゃ。とくにヤマモモやコブシは、はっきりしててわかりやすいぞ」
弟子「師匠、なんだか明日の七夕賞、当たりそうな気がするので買ってみます!!」
珍樹ハンター「なんじゃ、おまえこそギャンブラーか。ほんと人は見かけによらんな」

(発見場所/都立猿江恩賜公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「サケ」

安否確認サケ
弟子のハンター2号と、つけめんTETSU駒沢大学店で特製つけめんを堪能。
食後は隣りの田園都市線用賀駅まで行き、砧公園で約9年前に発見したサケの安否確認。

弟子「師匠、モチッとした太麺、美味しかったですね」
珍樹ハンター「2号、太麺にはうどん用とパン用の小麦粉をブレンドしているんじゃよ」
弟子「どおりで、他の麺とは食感が違うと思いました」
珍樹ハンター「あの店は、肉汁茹で餃子もオススメじゃぞ」
弟子「で、師匠。以前見つけたサケの場所は、まだ覚えてますか?」
珍樹ハンター「世田谷美術館へ行く道の脇にあるヤマモモじゃ。どうじゃ、2号。あったか?」
弟子「あっ、師匠、ありました。9年経った割にはさほど形は崩れていませが、幹の成長とともに顔が太りましたね。口の部分もかなり巻き込んで、あと数年で閉じそうです」
珍樹ハンター「よし、2号。サケを確認したら酒が飲みたくなった。夜は渋谷の山家へ行くぞ」
弟子「山家って24時間営業の焼鳥屋ですよね? 昨日焼鳥だったので、今日はちょっと...」
珍樹ハンター「2号、確かに山家は焼鳥屋じゃが、メニューには焼鳥のほかいろいろあるぞ。焼いた塩ジャケもあったし、刺身三点盛りがサーモンだったはずじゃ」
弟子「師匠、サケも今日はやめましょう。なんだか珍樹に恨まれそうです」

(発見場所/都立砧公園・樹木名/ヤマモモ)

珍樹「蚊取りブタ」

蚊取り豚蚊取り豚・本物
JR南武線武蔵中原駅から徒歩10分。まんが寺とも呼ばれる常楽寺へ。
参拝後は、近くにある等々力緑地の川崎とどろきアリーナ付近を散策。

弟子「師匠、せっかく来たのに、予約制でお堂の中を見学できませんでしたね」
珍樹ハンター「予約制とは知らんかったが、少し気を利かせて見せてくれてもいいのにのぅ」
弟子「まあ、そんなに怒らないで下さい。規則は規則ですから。で、師匠、まんが寺と呼ばれるぐらいですから、お堂の中に漫画本がたくさんあるんですか?」
珍樹ハンター「いや、漫画本ではなく、ふすまや壁に風刺漫画が描かれているそうじゃ」
弟子「へぇ〜、ますます見たくなってきましたよー。また絶対に来ましょうね」
珍樹ハンター「おっ、あのクロガネモチの幹を見ろ」
弟子「はははっ!! 口は開いてないけど丸くて、蚊取りブタみたいな顔ですね。そういえばボク、すでにこの公園で蚊に3か所も刺されてしまいましたよ。師匠もよく刺されますよね?」
珍樹ハンター「いや」
弟子「えっ!? おかしいなー。師匠はO型だし、お酒もよく飲むし、汗もかきやすい。蚊に刺されやすい条件が揃っているのに変ですね」
パシッ!! パシッ!! パシッ!!
弟子「はははっ、やっぱりお腹に止まった蚊を叩いてるじゃないですか」
珍樹ハンター「何を言っとる。これは蚊ではなく腹の虫を抑えているところじゃ」
弟子「予約制で見学できなかったことに、まだ腹を立てていたんですね」

(発見場所/川崎市 等々力緑地・樹木名/クロガネモチ)

人面樹「布施博」

布施博布施博・本人
埼玉高速鉄道新井宿駅から徒歩10分。弟子のハンター2号と、
初夏の花が美しい川口市立グリーンセンターで珍樹ハント開始!

弟子「師匠、6月はアジサイやショウブが綺麗みたいですね。あれ!? どこへ行くんです?」
珍樹ハンター「2号、ツバキ・サザンカ園じゃよ」
弟子「師匠、ツバキやサザンカの見頃はとっくに過ぎましたよ」
珍樹ハンター「何を言っとる。ワシらの目的は珍樹じゃぞ。花なんか見ている場合ではない」
弟子「師匠、それはわかってますけど、せっかく来たので少しくらい......」
珍樹ハンター「ほれ、2号。さっそく目の前の幹に人面樹があるぞ」
弟子「はははっ、これは布施博さんの顔だー」
珍樹ハンター「左目と口の部分が影になっとるが陽待ちする時間がない、ひとまず撮っとけ」
弟子「師匠、ツバキとサザンカの見分け方を教えてください」
珍樹ハンター「2号、確かにこの二つは区別が難しい。花びらが一枚ずつパラパラと落ちるのがサザンカで、花首から一気にポロッと落ちるのがツバキじゃ」
弟子「師匠、今のように花がない場合は、どこで確認すればいいんですか?」
珍樹ハンター「葉っぱと幹や枝はように似とるので、葉柄を見るんじゃな」
弟子「ヨウヘイ、ですか?」
珍樹ハンター「葉と茎を結ぶ柄のことじゃ。ここに細い毛が生えとるのがサザンカじゃ」
弟子「なるほど!! ではこの人面樹の葉柄には毛がないのでツバキですね!!」

(発見場所/川口市立グリーンセンター・樹木名/ヤブツバキ)

動物樹「イノシシ」

イノシシ2019.5イノシシ2019.5・本物
代々木公園のサイクリングセンターで自転車を借り、園内を巡回。
発見率の高い樹木にしぼって、効率よく珍樹ハンティング!

弟子「師匠、確かここは発見率が低い公園でしたよね?」
珍樹ハンター「だから自転車を借りて効率よくハントするんじゃよ」
弟子「なるほど。では、発見率の低いサクラを後回しにして、それ以外を観察しましょう」
珍樹ハンター「よし、このあたりに自転車を止め、ヤマモモを重点的に攻めるぞ」
弟子「あっ、師匠。あの幹を見てください。大きな鼻の穴をした顔がありますね」
珍樹ハンター「おっ、これは今年の干支のイノシシじゃな」
弟子「ずいぶんと、鼻息が荒そうですね。ではさっそく写真を一枚、撮りますね」
珍樹ハンター「おい、鼻に顔を近づけて何をしとる? また穴の中の音でも聞くのか?」
弟子「師匠、違います。すごい吸引力です。うわーっ、レンズがやられるー」
珍樹ハンター「おい、そいつはレンズに自分の顔が映って驚いとるんじゃよ。前にもそんな珍樹がいたぞ。ひとまず、レンズを顔から外せ。どうじゃ、鼻息はおさまったか?」
弟子「師匠、大丈夫です。おさまりました」
珍樹ハンター「よし、今夜はシシ鍋で一杯じゃな」
弟子「うわーっ、また鼻息がすごくなってきたー。師匠、イノシシの前でシシ鍋は禁句です!!」

(発見場所/都立代々木公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「オランウータン」

オランウータン2019.5オランウータン2019.5・本物

弟子のハンター2号と町田市にある高蔵寺で参拝後、不思議な御神木と流木を見学。
その後は隣りの小田急線柿生駅まで行き、王禅寺ふるさと公園で珍樹ハント開始。

弟子「師匠、2種類の木が合体した御神木、すごかったですね」
珍樹ハンター「2号、あれはカシとツバキが合体した珍しい御神木じゃ」
弟子「龍に似た流木もそっくりでしたね」
珍樹ハンター「流木もパワースポットとして人気じゃ。高蔵寺は花寺として知られるが、ブータン産のシャクナゲやムクロジの巨木、大火をまぬがれた禅寺丸柿の古木も見られるぞ」
弟子「3種類の御朱印もいただきましたし、さて師匠、珍樹ハントを開始しましょう」
珍樹ハンター「おっ、2号。あのヤマモモを見ろ」
弟子「うわーっ、すごい。オランウータンが口を開けてますね」
珍樹ハンター「おい、2号。口の穴に耳をあてて何しとる?」
弟子「何か、聞こえないかなーと思って」
珍樹ハンター「はははっ、まるでサザエの貝殻みたいじゃな。で、2号、どうじゃ?」
弟子「う〜ん、なんだか動物の息づかいのような音が聞こえます」
珍樹ハンター「2号、それは良かった。御神木のパワーに触れたおかげじゃな」

(発見場所/川崎市 王禅寺ふるさと公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「カエル」

カエル2019.5
カエル2019.5・本物
ニュートンのリンゴの木を見に小石川植物園へ。
ここは東大の研究・教育を目的とした施設で、樹木の勉強に役立つぞ。

弟子「師匠、ニュートンのリンゴの木は、どれですか?」
珍樹ハンター「あれじゃ」
弟子「あれ!? ですか? なんだかブドウ棚みたいに見えますけど」
珍樹ハンター「それはメンデルが実験に使ったメンデルの葡萄じゃ。リンゴはその隣じゃよ」
弟子「あっ、これですね。なになに、案内板に由来がいろいろ書いてありますね」
珍樹ハンター「これは万有引力の法則を発見したニュートンの生家にあったリンゴの木を、接ぎ木で育てたものじゃ。万有引力発見300年の記念行事をきっかけに苗木をイギリスから譲り受け、ここに植えたらしい」
弟子「へぇ〜。さすが東大の施設ですね。ふだん見られないものがたくさんありますね」
珍樹ハンター「おっ、あのサクラの幹を撮ってモニターを横にして見てみろ」
カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!!
弟子「うわーっ、リンゴの木を見つめる大きなカエルの顔ですね」
珍樹ハンター「ソメイヨシノ特有の大きなコブがギョロッと飛び出た目をうまく表現しとるぞ」
弟子「なんだかリンゴが二つ乗っかっているみたいですね。おもしろーい!!」

(発見場所/文京区 小石川植物園・樹木名/ソメイヨシノ)

動物樹「シカ」

安否シカ
弟子のハンター2号と、約6年前に見つけたシカの安否確認をしに、高尾山1号路へ。
高尾山では5月26日まで若葉まつりが行われ、様々なイベントを開催中!

弟子「師匠、確かシカの場所はリフト乗り場の手前でしたよね?」
珍樹ハンター「そうじゃ。2号、その先の右側にないか?」
弟子「あっ、ありました。以前の写真と見比べてますが、少しも変わってないようですね」
珍樹ハンター「ほれ、2号。シカの身体を触ってみろ」
弟子「うわっ、この切り株、すごく固いですね」
珍樹ハンター「シカの背中に子供がまたがってもビクともしないほど頑丈じゃ。台風か何かで根こそぎ倒れないかぎり、当分大丈夫じゃろ」
弟子「へぇ〜、子供がこの切り株に乗ったりしてるんですね。師匠、このシカの珍樹に案内板を立てて、記念撮影スポットにしたいですね」
珍樹ハンター「よし、2号。帰りは6号路を下って、セッコクの花を見ていこう」
弟子「セッコク!? ですか?」
珍樹ハンター「セッコクは樹木や岩の上に生えるラン科の植物で、6号路では5月下旬にスギの老木の上で白い花を咲かせる。時期的にちょうど良さそうじゃな」
弟子「へぇ〜、樹木の幹や枝にからみついて花を咲かせるなんて珍しいですね。ボク、見るの初めてです。師匠、ぜひ6号路で帰りましょう。楽しみー」

(発見場所/高尾山 1号路・樹木名/切り株)
人気珍樹【人面樹】編
片桐はいり 片桐はいり ビッグダディ ビッグダディ テリー伊藤 テリー伊藤 ビートたけし ビートたけし ハリセン・はるか ハリセンボンはるか アンジャッシュ児嶋 アンジャッシュ児嶋 今田耕司 今田耕司 ikko 坂上忍 坂上忍 明石家さんま 明石家さんま 千原ジュニア 千原ジュニア 間寛平 間寛平 バイきんぐ小峠2 バイキング小峠 デヴィ夫人 デヴィ夫人 みうらじゆん みうらじゅん ローラ ローラ ユースケサンタマリア ユースケサンタマリア 工藤静香 工藤静香 前田敦子 前田敦子 大島優子 大島優子 高橋ひとみ 高橋ひとみ 藤岡弘、2 藤岡弘、 三億円犯人モンタージュ写真 三億円犯人 宮迫博之 宮迫博之 サンドウィッチマン・伊達みきお サンドイッチマン伊達 タモリ タモリ 坂田利夫 坂田利夫 桃井かおり 桃井かおり 萩原聖人 萩原聖人 夏八木勲 夏八木勲 山下真司 山下真司 改・西田さん 西田敏行 仲代達矢 仲代達矢 松村邦洋 松村邦洋 松本人志 松本人志 堺雅人 堺雅人 松田優作 松田優作 松田龍平 松田龍平 ミッツマングローブ ミッツマングローブ 研ナオコ 研ナオコ 久本雅美 久本雅美 ジャイアント馬場 ジャイアント馬場 コブクロ黒田 コブクロ黒田 イモトアヤコ イモトアヤコ 友近 友近 林修 林修 八代英輝 八代英輝 市川海老蔵 市川海老蔵 ムルシ族2 ムルシ族 安藤美姫2 安藤美姫 松本薫 松本薫 吉田沙保里 吉田沙保里 スギちゃん スギちゃん 久米宏 久米宏 堺雅人 堺雅人 竹中直人 竹中直人 名倉潤2 ネプチューン名倉潤 堀内健 ネブチューン堀内健 改・原田さん ネプチューン原田 オリラジ中田 オリラジ中田 改・美川さん 美川憲一 太田光 太田光 鳥居みゆき 鳥居みゆき 所ジョージ 所ジョージ 関根勤 関根勤 北斗晶 北斗晶 佐々木健介 佐々木健介 西川きよし 西川きよし 横山やすし 横山ヤスシ 内村光良 内村光良 南原清隆 南原清隆 ボブ・サップ ボブ・サップ 高見盛 高見盛 亀田興穀 亀田興穀 亀田大穀 亀田大穀 檀蜜 壇蜜 財津一郎 財津一郎 改・嘉田さん 嘉田由紀子 野田佳彦 野田佳彦 橋下徹 橋下徹 安倍晋三 安倍晋三 前原誠司 前原誠司 石破茂 石破茂 小沢一郎 小沢一郎 鳩山由紀夫 鳩山由紀夫 石原慎太郎 石原慎太郎 小泉純一郎 小泉純一郎 福田康夫 福田康夫 麻生太郎 麻生太郎 田中眞紀子 田中眞紀子 渡辺喜美 渡辺善美 プーチン プーチン大統領 石原伸晃 石原伸晃 改・森喜朗 森喜朗 山口百恵 山口百恵 澤穂希 澤穂希 芦田愛菜 芦田愛菜 鈴木福 鈴木福 えなりかずき えなりかずき 津川雅彦 津川雅彦 研ナオコ4 研ナオコ いかりや長介 いかりや長介 仲本工事 仲本工事 志村けん3 志村けん 加トちゃん 加トちゃん 高木ブー 高木ブー 的場浩司 的場浩司 なぎら健壱 なぎら健壱 我集院達也 我修院達也 ガッツ石松 ガッツ石松 海女さん 海女さん 柄本明 柄本明 地井武男 地井武男 渡辺恒雄 渡辺恒雄 内藤大助 内藤大助 栗原類 栗原類 井上和香 井上和香 多部未華子 多部未華子 上戸彩 上戸彩 八代亜紀 八代亜紀 五月みどり 五月みどり 宍戸錠 宍戸錠 中井貴一 中井貴一 川谷拓三 川谷拓三 蛭子能収 蛭子能収 渥美清 寅さん(渥美清) 三國連太郎 三國連太郎 仲代達矢 仲代達矢 花田虎上 花田虎上 宇梶剛士 宇梶剛士 南明奈 アッキーナ 温水洋一 温水洋一 劇団ひとり 劇団ひとり 原口あきまさ 原口あきまさ サバンナ八木 サバンナ八木 よゐこ濱口 よゐこ濱口 寺門ジモン2 寺門ジモン 清水アキラ 清水アキラ 石橋貴明 石橋貴明 福山雅治 福山雅治 改・阿部さん 安部寛 加藤浩次 加藤浩次 柴田理恵 泉ピン子 はしのえみ はしのえみ 石田純一 石田純一 虻川美穂子 虻川美穂子 坂下千里子 坂下千里子 柴田理恵 柴田理恵 雛形あきこ 雛形あきこ 川島なお美 川島なお美 神田うの 神田うの 長嶋茂雄 長嶋茂雄 王貞治 王貞治 張本勲 張本勲 工藤公康 工藤公康 村田修一 村田修一 澤村拓一 澤村拓一 金本知憲 金本知憲 野村克也 野村克也 野村沙知代 野村沙知代 内舘牧子2 内舘牧子 アジアン隅田 アジアン隅田 大竹まこと 大竹まこと 改・ウド鈴木 ウド鈴木 柳沢慎吾 柳沢慎吾 酒井敏也 酒井敏也 大杉漣 大杉漣 谷村新司 谷村新司 堀内孝雄 堀内孝雄 森三中 村上 森三中 村上 森三中 大島 森三中 大島 石井慧 石井慧 木村祐一 木村祐一 千原ジュニア 千原ジュニア 長州小力 長州小力 タカアンドトシ「タカ」 タカアンドトシ「タカ」 タカアンドトシ「トシ」 タカアンドトシ「トシ」 サバンナ高橋茂雄 サバンナ高橋 COWCOW多田 COWCOW多田 土田晃之 土田晃之 宮崎哲弥 宮崎哲弥 柳沢慎吾 柳沢慎吾 デストロイヤー デストロイヤー 改・錦織さん 錦織圭 田原総一朗 田原総一朗 笑福亭笑瓶 笑福亭笑瓶 アニマル浜口 アニマル浜口 つぶやきシロー つぶやきシロー 島田紳助 島田紳助 松任谷正隆 松任谷正隆 ボビー・オロゴン ボビーオロゴン 田中邦衛4 田中邦衛 高橋源一郎 高橋源一郎 畑正憲 ムツゴロウさん アラーキー アラーキー 中居正広 中居正広 稲垣吾郎 稲垣吾郎 草なぎ剛 草なぎ剛 松本潤 松本潤 二宮和也 二宮和也 神田正輝 神田正輝 渡部揚一 戦場カメラマン 横浜銀蝿 翔 横浜銀蝿 翔 石塚英彦 石塚英彦 伊集院光 伊集院光 小島よしお 小島よしお 小薮千豊 小薮千豊 スリムクラブ内間 スリムクラブ内間 アルフィー・高見沢俊彦 アルフィー高見沢 立川談志 立川談志 織田信長 織田信長 川端康成 川端康成 松本零士 松本零士 中尾彬 中尾彬 水谷豊 水谷豊 布施明 布施明 和田アキ子 和田アキ子 大泉洋 大泉洋 宍戸錠 宍戸錠 若林豪 若林豪 本田圭佑 本田圭祐 香川真司 香川真司 長友佑都 長友祐都 長谷部誠 長谷部誠 闘莉王 闘莉王 岡崎慎司 岡崎慎司 宮川大輔 宮川大輔 コブクロ黒田 コブクロ黒田 哀川翔 哀川翔 吹石一恵 吹石一恵 千秋 千秋 中川翔子 中川翔子 杏優香 優香 竹原慎二 竹原慎二 角田信朗 角田信朗 清水圭 清水圭 糸井重里 糸井重里 なだぎ武 なだぎ武 小倉久寛 小倉久寛 平井堅 平井堅 チェ・ホンマン チェ・ホンマン 朝青龍 朝青龍 曙太郎 曙太郎 真矢みき(宝塚時代・男役) 真矢みき 男役 小倉優子 小倉優子 山田花子 山田花子 マツコ・デラックス マツコデラックス バイきんぐ小峠3 バイキング小峠 三浦雄一郎 三浦雄一郎 白鵬 白鵬 剛力彩芽 剛力彩芽 北村晴男 北村晴男 渡辺直美 渡辺直美
プラタナス・アート
サメ サメ ウサギ ウサギ ヘビ ヘビ コアラ コアラ アヒル アヒル イヌ イヌ シカ1 トナカイ ウシ ウシ 尻尾をふる犬 尻尾を振る犬
ユーカリ・アート
ユーカリ馬 ウマ ユーカリ犬 尻尾を振る犬
森全体
全景カメ カメ 全景ウサギ ウサギ
木星人を探そう!!
珍樹はもちろん、樹木に潜む木星人や木星生物も探してみては? 木星人 発見ファイルは、ここをクリック!!キモカラール
FC2カウンター
ランキングサイト
メールフォーム
★お問い合わせは、こちらから送信してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

人気珍樹【生物樹】編
ダイオウイカ ダイオウイカ オランウータン オランウータン アシカ アシカ ライオン・めす ライオン(メス) カメ カメ ワニ ワニ ペリカン ペリカン パグ 犬(パグ) オットセイ オットセイ 改1・イノシシ イノシシ カエル カエル タヌキ タヌキ ネコ ネコ ネズミ ネズミ カバ カバ 鯉の口 鯉の口 ウマ6 ウマ 白蛇 ホワイトスネーク タイ タイ ウシ ウシ 改・ワンちゃん イヌ ライオン 吠えるライオン 白いボクサー犬 白いボクサー犬 ゾウ ゾウ オランウータン チンパンジー オウム オウム ハチ ハチ 改・ヒツジさん ヒツジ コイ コイ イタチ改 イタチ バッファロー バッファロー サル サル ハムスター ハムスター 改・シカさん シカ セイウチ セイウチ カマキリ カマキリ イグアナ イグアナ トナカイ トナカイ ブタ ブタ オウム オウム クマ クマ リス リス サルの赤ちゃん 猿の赤ちゃん 猫のあくび あくびする猫 コリー コリー犬 白鳥 ハクチョウ 悪者タコ タコ カメレオン カメレオン トンボ トンボ チョウ チョウ カマキリ カマキリ カミキリムシ カミキリムシ オタマジャクシ オタマジャクシ 見上げる犬 見上げる犬 クマ クマ ウサギ ウサギ クマ クマ テングザル テングザル ヤギ ヤギ ゴリラ ゴリラ オランウータン オランウータン ウサギ ウサギ ゾウ7 ゾウ 羽ばたく鳥 羽ばたく鳥 コザル コザル ゾウ ゾウ カバ4 カバ シマウマ シマウマ ハゼ ハゼ ブタ全身 ブタ ペンギン ペンギン マッコウクジラ マッコウクジラ ムツゴロウ ムツゴロウ パンダ パンダ カワウソ2 カワウソ ラクダ ラクダ クマ クマ 走るシカ シカ シマウマ シマウマ アシカ アシカ リス リス ウマ2 ウマ カワウソ カワウソ 飛び立つカモ カモ アリクイ アリクイ ゾウ2 ゾウ ウマズラハギ ウマヅラハギ テナガザル テナガザル ゾウ ゾウ キリン キリン 熊の後ろ姿 熊の後ろ姿 ウサギ ウサギ カンガルー カンガルー ゾウ鼻 ゾウ横顔 犬 イヌの横顔 フクロウ2 フクロウ 改・ウマさん ウマ ペンギン ペンギン ハト ハト シャムネコ シャムネコ クマ2 クマ リス2 リス メガネザル メガネザル オランウータン2 オランウータン ウマ7 道産子 プードル プードル クジラの尻尾 クジラの尻尾 ナメクジ ナメクジ タイ タイ カピバラ カピバラ ゴマフアザラシ ゴマフアザラシ 枝の鳥 枝の鳥 トカゲ トカゲ キリン キリン ワニ2 ワニ 鯉 コイ サイ サイ イルカ イルカ タヌキ タヌキ カバ カバ カメ カメ カエル カエル ヘビ ヘビ ウミガメ ウミガメ サケ サケ ワニ ワニ 改1・オオカミ オオカミ 改・カメさん カメ アンコウ アンコウ カモメ カモメ サメ サメ ワニ ワニ ブタ ブタ 走る犬 走る犬 ヘビ ヘビ イルカ イルカ 川を渡る馬 ウマ ネズミ ネズミ ワシ トリ カニ カニ アルマジロ アルマジロ メガネザル メガネザル ドジョウ ドジョウ カタツムリ カタツムリ ピラルクー ピラルクー 舌を出すヘビ ヘビ チャウチャウ チャウチャウ ウツボ ウツボ アサリの目 アサリの目 イグアナ イグアナ キリン2 キリン 改・イノシシさん イノシシ コアラ コアラ ナマズ2 ナマズ サフォーク サフォーク アリクイ アリクイ オタマジャクシ カエルノコ コゾウ コゾウ サンマ サンマ カラス カラス キツネ キツネ シカ シカ コイ コイ トカゲ トカゲ フクロウ フクロウ カタツムリ カタツムリ イルカ イルカ コアラ コアラ ハリネズミ ハリネズミ ウーパールーパー ウーパールーパー
人気珍樹【番外】編
洋式トイレ 洋式トイレ パイプ パイプ トイストーリー ウッディ トイストーリーウッディ セサミ・オスカー セサミ・オスカー サリー・パパ サリーちゃんパパ ろくろ首 ろくろ首 改・カッパさん カッパ 松ぼっくり 松ぼっくり トトロ トトロ 左門豊作 左門豊作 江戸川コナン コナンくん セサミストリート エルモ セサミストリートエルモ ゴマちゃん ゴマちゃん ふなっしー ふなっしー バリィさん バリィさん ウルトラマン2 ウルトラマン オバケのQ太郎 オバケのQ太郎 P子 P子 O次郎 O次郎 ジャイアン ジャイアン ゴジラ ゴジラ ミニラ ミニラ ダースベイダー ダースベイダー ビバンダム ビバンダム 磯野波平 磯野波平 タラちゃん タラちゃん アナゴくん アナゴくん スヌーピー スヌーピー アラレちゃん アラレちゃん カールおじさん カールおじさん コロンボ刑事 コロンボ刑事 力石徹 力石徹 ノンノン ノンノン 加トちゃん 加トちゃん クレヨンしんちゃん クレヨンしんちゃん ガチャピン ガチャピン ガキでか がきデカ 仮面ライダー 仮面ライダー のらくろ のらくろ キン肉マン キン肉マン 涙を流す人面樹1 涙を流す顔 鼻水を啜る 鼻水を啜る顔 ねずみ小僧 ねずみ小僧 歌舞伎メイク 歌舞伎メイク ひょっとこ ひょっとこ メフィラス星人 メフィラス星人 雷様 雷様 ピエロ3 ピエロ 真実の口 真実の口 ネッシー ネッシー スヌーピー スヌーピー フィリックスザキャット フィリックスザキャット 改・ムンクさん ムンクの叫び ヤッターマン・ドロンジョ ヤッターマンドロンジョ ジェイソン ジェイソン 改・埴輪さん 埴輪 知恵の輪 知恵の輪 炎まとい まとい がまぐち がまぐち パイナップル パイナップル バッキンガム宮殿の衛兵 イギリス衛兵 忍者 忍者 毎日かあさん父 毎日かあさん父 ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの鬼太郎 ねずみ男 ねずみ男 猫娘(第2期) 猫娘 ピグモン ピグモン ダッコちゃん ダッコちゃん ヒロアハンズダケ キノコ ひらがな「て」 「て」の字 ひ 「ひ」の字 と 「と」の字 ん 「ん」の字 モヒカンドレッドヘアー モヒカンヘアー 歌川国芳・画風 歌川国芳画 ドナルドダック ドナルトダック 天狗 天狗 スティッチ2 スティッチ パトラッシュ パトラッシュ ナマハゲ ナマハゲ ハローキティ ハローキティ クレヨンしんちゃん2 シンチャン ピグモン ピグモン 無人島 無人島 靴水中メガネ 水中メガネ ミニラ ミニラ ボクサー カウンターパンチ
人気珍樹【人体樹】編
女性の後ろ姿 女性の後ろ姿 手 手首 人差し指 人差し指 腕手の骨 手の骨 美脚 美脚 親指 親指 キスシーン ガッツポーズ ガッツポーズ オペラ歌手 オペラ歌手 フラダンス フラダンサー ボディビルダー ボディビルダー よじ登る よじ登る 寝そべる 寝そべる スノーボーダー スノーボーダー スキージャンパー スキージャンパー 宇宙飛行士 宇宙飛行士 クラウチングスタート クラウチングスタート ブーツを履いた美脚 ブーツの脚 だっちゅーのポーズ だっちゅーの ガイコツ ドクロ どじょうすくい踊り どじょうすくい 歯重量挙げ 重量挙げ 気になる美脚 美脚 腕立て伏せ 腕立伏せ スカイダイバー 万歳!! クチビル くちびる赤ちゃんのお尻 お尻 ヘッドスライディング ヘッドスライディング
カテゴリ