FC2ブログ

動物樹「キリン」 人面樹「間寛平」

改・安否小石川
弟子のハンター2号と、文京区にある小石川植物園へ安否確認。
まずは約9年前に見つけたサルスベリのキリンを確認し、次は間寛平の人面樹へ。

弟子「師匠、だいぶ色あせましたが、キリンらしさは残っていましたね」
珍樹ハンター「9年も経つとかなり変わるのぅ。とくにこのキリンは網目模様の樹皮がポイントじゃ。今回は時期が悪かった。夏から秋にもう一度来よう」
弟子「そうですね。樹皮がむける時期にまた安否確認しましょう」
珍樹ハンター「よし、2号。次へ行くぞ」
弟子「はい!! 次は寛平ちゃんですね。確か場所は.....、広場にあるシュロだったはず」
珍樹ハンター「さすが東大の付属の施設じゃな。樹木の名前がしっかり案内されとる」
弟子「あっ、師匠。ありました。2、3本立ってるシュロの一番左側ですね」
珍樹ハンター「おっ、2号。これはだいぶ髪の毛が抜けて、顔のシワシワも増えたぞ」
弟子「はははっ、まるで人間みたいな老い方ですね」
珍樹ハンター「2号、ワシらの珍樹コレクションも2000点を優に超えるが、シュロの人面樹はこれだけじゃ。これからも折れず腐らず風化せず、長生きしてもらいたいもんじゃのぅ」
弟子「はい! 人間も珍樹も、お年寄りは大切に!!」

(発見場所/文京区 小石川植物園)

人面樹「ミッツ・マングローブ」

ミッツマングローブ2019.3ミッツマングローブ2019.3・本人
JR武蔵中原駅から歩いて20分のところにある等々力緑地へ。
広い園内、今回はJリーグ・川崎フロンターレのホームスタジアム周辺を徹底観察。

弟子「師匠、園内に大きなクレーンが何台もありますが、何の工事ですか?」
珍樹ハンター「こっちは硬式野球場を造っとる。あれは何の工事だと思う?」
弟子「なんでしょうか。多摩川河川敷に近いエリアなのでゴルフ場ですか?」
珍樹ハンター「リニアじゃ。東京と名古屋を結ぶリニア中央新幹線じゃ」
弟子「えっ!? ここに駅ができるんですか? 確か橋本か相模原だったはずですけど」
珍樹ハンター「駅ではない。非常口を造っているんじゃよ。あと4、5年かかるそうじゃぞ」
弟子「へぇ〜、この下を走るんですね。なんだか不思議な感じ、想像がつきませんね」
珍樹ハンター「おっ、釣り池の前にあるヤマモモの幹を見ろ」
弟子「はははっ、師匠。これはミッツさんの人面樹ですね」
珍樹ハンター「目の雰囲気がよう似とる。しかも小枝が鼻になっとるぞ」
弟子「あっ、師匠。風で鼻が揺れてます。うわっ、強風で今にもとれそうー」
珍樹ハンター「よし、早よ鼻がとれる前に写真を撮れ。ワシは砂が目に入って前が見えん」
弟子「あーーーーッ、とれたーーーー!!」
珍樹ハンター「おい、とれたのは、どっちじゃ。鼻か?写真か?」
弟子「師匠、両方です!!」

(発見場所/川崎市 等々力緑地・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「ネコ」

叫ぶネコ2019.3
叫ぶネコ2019.3・本物
弟子のハンター2号と川口市にある道の餃子駅で、手作り餃子を堪能。
食後は近くにあるグリーンセンターで珍樹ハント開始。

弟子「師匠、肉汁たっぷりの大和豚餃子、とても美味しかったです。店に芸能人やプロゴルファーのサインが飾ってありましたけど、よくテレビでも紹介されているみたいですね」
珍樹ハンター「2号、それは良かった。大和豚もいいが、ボウフウ餃子もおすすめじゃぞ」
弟子「ボウフウ?ですか?」
珍樹ハンター「2号もさっき食べた漬物になっていたヤツじゃ。川口市の名産でな、刺身のツマにも使われているセリの仲間じゃ。肉好きの2号には少し物足りないかもしれんがな」
弟子「へぇ〜、ボウフウかー。こんど食べてみよー」
ニャー!!
珍樹ハンター「2号、あのヤブツバキの幹を見ろ」
ニャー!!
弟子「うわっ、また鳴いた」
ニャー!!
珍樹ハンター「よし、2号。写真を撮って黙らせろ」
カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!!
弟子「師匠!! 連写したら鳴きやみました。なんでですか!?」
珍樹ハンター「ワシにもわからん。目の前にいるそのネコに聞いてくれ」

(発見場所/川口市立グリーンセンター・樹木名/ヤブツバキ)

動物樹「カエル」

カエル2019.2カエル2019.2・本物
東京メトロ早稲田駅から歩いて5分のところにある戸山公園(箱根山地区)へ。
さっそく戸山教会付近のサクラの枝に、大きな口を開けたカエルを見つけたぞ。

弟子「師匠、教会の前にある真横に伸びたサクラの枝を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これは大きなカエルじゃな。顔幅60cmくらいあるぞ」
弟子「目が飛び出て、口がパックリと割れて、なんだか不気味な顔ですね」
珍樹ハンター「ワシには、笑っているようにも見えるぞ」
弟子「では、写真を何枚か撮りますね」
珍樹ハンター「教会の裏にある箱根山は登ったことあるか?」
弟子「山?ですか?」
珍樹ハンター「山といっても標高44mくらいの2、3分で登れる小さい山じゃ」
弟子「へぇ〜、そんな山があるんですね。では写真を撮ったら行きましょう」
珍樹ハンター「サービスセンターでは登った記念に登頂証明書も発行してくれるぞ」
弟子「へぇ〜、証明書なんてあるんですか。はははっ、おもしろいですね」
ゲロゲロ♬
弟子「はははっ。師匠が言ったとおり、カエルも笑ってますよ」

(発見場所/都立戸山公園 箱根山地区・樹木名/サクラ)

人面樹「西川きよし」

西川きよし2019.2西川きよし2019.2・本人
弟子のハンター2号と、東京ゲートブリッジのたもとにある若洲海浜公園へ。
今回はバーベキューのはずが、師匠が向かったのはその先の浜辺。

弟子「師匠、今日はバーベキューではないんですか? 前回、やるって約束しましたけど」
珍樹ハンター「2号、すまん。実は昨夜、仕事の付き合いで焼き肉をたらふく食べてしまった。悪いが、今日は焼肉の匂いもかぎたくないんじゃよ」
弟子「それならそうと、出発する前に言ってください」
珍樹ハンター「2号、すまん。まさか車のトランクに肉を積んどるとは思わなかったんじゃよ」
弟子「あっ、師匠。あそこにおもしろい顔がありますよ」
珍樹ハンター「おっ、2号。これはユニークなマテバシイの人面樹じゃな」
弟子「なんだか、西川きよしさんの驚いた時の顔みたいですね」
珍樹ハンター「ワシには東京ゲートブリッジを見上げて、ビックリしているように見えるぞ」
弟子「では、師匠。あそこの施設で竿を借りて海釣りしましょう。焼き魚ならいいですよね」
珍樹ハンター「魚ならかまわんが、何が釣れるかわからんぞ」
弟子「師匠、まかせてください。釣れたものでバーベキューしましょう」
珍樹ハンター「がんばれ、2号 。長靴だけは勘弁じゃぞ。わかったな」

(発見場所/江東区 若洲海浜公園・樹木名/マテバシイ)

動物樹「クマ」

安否クマ
府中市にあるひびきで、無化調の中華そばを堪能。
食後は近くにある府中の森公園で、以前見つけたクマの安否を確認。

弟子「師匠、醤油ダレのあっさりとしたスープ、美味しかったです」
珍樹ハンター「あれは鶏と魚介のダブルスープじゃ。自家製麺のコシもたまらんのぅ」
弟子「ボクが食べた特製には、ホロホロの厚切りバラチャーシューがのってました!!」
珍樹ハンター「味玉の黄身も、とろける旨さじゃったな」
弟子「ところで師匠。3年前に見つけたクマは確かあのモッコクだったはずですが....」
珍樹ハンター「なんじゃ。見当たらんのか?」
弟子「折れたり倒れたりした形跡はないんですが、ないですねー」
珍樹ハンター「おい、どこを見とる。目の前の枝の付け根にあるじゃろ」
弟子「えっ!? どこです?」
珍樹ハンター「このクマは回転技で見つけたんじゃぞ。股のぞきして逆さまに見てみろ」
弟子「あっ、ホントだー。ありました!! 3年経っても、ほとんど変わっていませんね。師匠、すみません。ボク、神代植物公園のクマと勘違いしてました」
珍樹ハンター「よし、神代のクマも無事か見に行ってみよう。まだ昼過ぎじゃ、時間はある。帰りは深大寺温泉でひとっ風呂浴びて一杯やろう」
弟子「わーい!!」

(発見場所/都立府中の森公園・樹木名/モッコク)

人面樹「マーティ・フリードマン」

マーティ・フリードマンマーティ・フリードマン・本人
2月15日から開催した企画展を観に、川崎市の岡本太郎美術館へ。
鑑賞後は隣接する生田緑地の芝生広場のベンチでくつろぐ二人。

弟子「師匠、岡本太郎さんの作品、すごかったですね」
珍樹ハンター「まさに、芸術は爆発じゃな」
弟子「常設展には、樹木をテーマにした作品もいろいろありましたね」
珍樹ハンター「ワシは屋外展示の樹霊というタイトルのオブジェが好きじゃぞ」
弟子「師匠、広場にある樹木の節が、ぜんぶ岡本太郎さんの描く顔に見えてきましたよー」
珍樹ハンター「はははっ。それは随分と芸術のパワーにやられたもんじゃな」
弟子「あっ、隣りのベンチの脇にある木のあの顔はもしかして。う〜ん、なんていう名前だったかなー。タモリ倶楽部の空耳アワードに出てくる外人さん。師匠、わかりませんか?」
珍樹ハンター「ワシも顔は浮かぶが名前が思え出せん。よしスマホで調べろ」
弟子「あっ、わかりました。マーティ・フリードマンさんというギタリストですね」
珍樹ハンター「これは治療で幹に注入したウレタンがカーリーヘアーを表現しとる」
弟子「まんまるの目は鳥か虫の仕業でしょうか? 珍しい人面樹ですね」

(発見場所/川崎市 生田緑地・樹木名/マテバシイ)

動物樹「ブタ」

ブタ2019.2
ブタ2019.2・本物
弟子のハンター2号と、師匠の先祖が眠る都立八柱霊園へお墓参り。
帰りは東京ドーム20個分という広い園内をのんびりと散策。

弟子「師匠、ここは千葉県松戸市なのに、都立なんですね」
珍樹ハンター「昭和初期のことじゃが、都内に土地がなく、ここに造ったらしい」
弟子「都立ということは青山霊園みたく、有名人も眠っているんですか?」
珍樹ハンター「写真家の土門拳などの墓がある。管理センターでマップがもらえるぞ」
弟子「師匠!! キョロキョロして何をしてるんです?」
珍樹ハンター「2号、何を言っとる。珍樹ハントじゃよ、珍樹ハント」
弟子「えっ!? お墓で?」
珍樹ハンター「2号、何を寝ぼけとる。珍樹ハンターはどんな時でも観察を忘れるな」
弟子「確かにお墓には樹木が多いですから、珍樹がたくさんありそうですね」
珍樹ハンター「おっ、2号。あのモチノキを見ろ。チャーシューを見つけだぞ」
弟子「はははっ、師匠。あれはブタじゃないですか。いくらラーメン好きだからといって、ブタをチャーシューと呼ぶのは失礼ですよ。また珍樹に怒られますから」
ブーーーーッ!!
弟子「ほら、師匠。そんなこと言うから、ブタさんが鳴き始めましたよ」
珍樹ハンター「2号、すまん。今のはワシの屁の音じゃ。ちと便所に行ってくる」
弟子「くさっ!!」

(発見場所/都立八柱霊園・樹木名/モチノキ)

人面樹「渥美清」

渥美清2019.2渥美清2019.2・本人
俺の空高田馬場店で、爆発的な人気を誇る掛け豚そばを堪能。
食後は高田馬場駅から歩いて5分のところにある戸山公園を散策。

弟子「師匠、おすすめの掛け豚そば、とても美味しかったですね」
珍樹ハンター「ねばりのある豚骨と魚介のダブルスープがたまらんのぅ」
弟子「麺によくからむ、ほぐしチャーシューもサイコーでした!!」
珍樹ハンター「薬味のタマネギを入れると、もっとうまくなるぞ」
弟子「あれ? 公園の看板に大久保地区と書いてありますが、別の地区もあるんですか?」
珍樹ハンター「少し離れるが、早稲田の方に行くと箱根山地区があるんじゃよ」
弟子「なるほど。戸山公園には高田馬場側と早稲田側、2つのエリアがあるんですね」
珍樹ハンター「おっ、あの幹肌の荒れたモッコクを見ろ。四角い顔があるぞ」
弟子「はははっ、あれはちっちゃな目の寅さんですね」
珍樹ハンター「よし、ひとまず写真を撮れ。あまりアップで撮るな」
弟子「はい!!」
珍樹ハンター「幹の両側を入れて、なるべく四角い感じを出すんじゃぞ」
弟子「了解しました!!」

(発見場所/都立戸山公園 大久保地区・樹木名/モッコク)

動物樹「タカ」

タカタカ・本物
弟子のハンター2号の車で、東京ゲートブリッジを通って若洲海浜公園へ。
今回は駐車場とバーベキュー場の間にあるマテバシイの木立ちで珍樹ハント開始。

弟子「師匠、東京ゲートブリッジの上、すごい横風でしたね」
珍樹ハンター「そうじゃな。ワシは一度バイクで飛ばされそうになったことがあるぞ」
弟子「橋の形はティラノザウルスでしょうか? 恐竜が向かい合っているように見えますね」
珍樹ハンター「2号、バーベキュー場から肉の焼けるいい匂いがしてくるぞ。たまらんな」
弟子「そうですね。ボクも今度ここでバーベキューやりたいなー」
珍樹ハンター「よし、2号。次回は食材を仕入れて朝からのんびりバーベキューをするぞ」
弟子「あっ、師匠。目の前の木を見てください。鳥がボクたちを見つめています」
珍樹ハンター「おっ、これは鳥の顔を正面から見たところじゃな」
弟子「クチバシに見える線は、よくマテバシイの枝の付け根に現れるやつですね」
珍樹ハンター「よし、2号。今度のバーベキューは焼鳥にしよう。鳥肉を忘れるな」
弟子「師匠、鳥の珍樹の前でそんなこといったら怒られますよ」
珍樹ハンター「イテテテテテテ......。2号、聞こえたらしい。ケツをつつかれたぞ!!」

(発見場所/江東区立若洲海浜公園・樹木名/マテバシイ)

人面樹「天海祐希」

天海佑希天海佑希・本人
小田急線向ヶ丘遊園駅から歩いて15分のところにある生田緑地へ。
今回は長者穴横穴墓沿いにある坂道を上って飯室山展望台までやってきたぞ。

弟子「師匠、けっこう急な坂道でしたね」
珍樹ハンター「途中、斜面にポコポコいくつも穴が空いておったじゃろ。あれが縄文時代の墓穴じゃ。出土したものは川崎市民ミュージアムに展示してあるぞ」
弟子「あっ、師匠。あそこに展望台の看板があります。着いたみたいですね」
珍樹ハンター「よし、珍樹ハントする前に景色を眺めておくぞ」
弟子「うわっ、すごい絶景ですね。冬は空気が澄んでて見晴らしがサイコー!!」
珍樹ハンター「ここは鎌倉時代にあった枡形城という城の見張台だった場所じゃ。ほれ、あれがスカイツリー、あれが東京タワーじゃ。今日は天気がいいから筑波山も見えるぞ」
弟子「あっ、師匠。あれを見てください。天海祐希さんの顔がありますけど」
珍樹ハンター「おっ、これはなかなか目の雰囲気が似とるな。よし写真を撮れ!!」
弟子「はい!! ところで師匠、なんでここの展望台のこと、そんなに詳しいんですか?」
珍樹ハンター「えへん!! ワシは珍樹ハンターであり、展望台の博士でもあるんじゃよ」
弟子「ふ〜ん、あっ、そこどいて下さい。なんでさっきから、そこに立ってるんですか? 後ろに何か隠してますね。あっ、展望台の説明板、やっぱり。どうりで詳しいと思いましたよ」
珍樹ハンター「ゲッ!! バレたか」

(発見場所/川崎市 生田緑地・樹木名/アラカシ)

珍樹「北斗の拳・ケンシロウ」

ケンシロウケンシロウ・本物
干支の植物展を見学しに、弟子のハンター2号と大船のフラワーセンターへ。
が、しかし。入園してそうそう問題発覚!! いったい、どうした?

弟子「師匠、どうしました? そんなにかたまって。またトイレですか?」
珍樹ハンター「おい、2号、大変じゃ。干支の植物展が27日で終わっとる」
弟子「えっ!? マジですかー。ボク楽しみにしてたのにー」
珍樹ハンター「2号、悪い悪い。来月までだと勘違いしとった」
弟子「もう入園料も払ったし、せっかくなので珍樹ハントしませんか?」
珍樹ハンター「そうじゃな。大船まで来てこのまま帰るのもなんだしな」
弟子「あっ、師匠。あれ見てください」
珍樹ハンター「おっ、これはケンシロウの顔ではなか」
弟子「樹木はなんですかね? トウネズミモチ? クロガネモチ? どっちだ?」
珍樹ハンター「迷った時は葉っぱを見ろ。対生がトウネズミモチで、互生がクロガネモチじゃ」
弟子「へぇ〜、それって便利な見分け方ですね。では互生なのでこれはクロガネモチですね」
珍樹ハンター「よし、少し寒くなってきた。2号、北斗の拳ごっこして身体を温めるぞ。ワシがケンシロウになるからお前はラオウ役じゃ。良いな。アタタタタタタタタ...............」
弟子「師匠、大声でやめてください。しかも激しいうごき。みんな何ごとかと見てますから」
珍樹ハンター「アタタタタタタタタ...............」

(発見場所/大船市 日比谷花壇 大船フラワーセンター・樹木名/クロガネモチ)

動物樹「イルカ」

イルカ2019.1
イルカ2019.1・本物
弟子のハンター2号の車で、さいたま市の荒川沿いにある秋ヶ瀬公園へ。
広い園内、今回はどのエリアで珍樹ハントする?

弟子「師匠、今日は北側の三ヶ池の方へ行ってみませんか?」
珍樹ハンター「そうじゃな、2号。三ヶ池を通って野球場の方まで行ってみよう」
弟子「それにしても子供の森のヤナギの大木が何本もやられてましたね」
珍樹ハンター「さっき花壇を整備してたオヤジに聞いたんじゃが、昨年9月の台風でだいぶ折れたようじゃ。まだ倒れたままになっているものもあるそうじゃぞ」
弟子「あっ、師匠。あのサクラの幹を見てください。イルカが口を開けて笑ってます」
珍樹ハンター「2号、もう少し目が下にあるといいんじゃが、まあ良しとするか」
弟子「ボクは口の下のコケの色の感じがイルカっぽくていいなーと思いますけど」
珍樹ハンター「なるほど。2号もだんだんと観察する目が養われてきたな」
弟子「だってほとんど毎日、師匠と一緒にハントしてますからね」
珍樹ハンター「ところで2号、弟弟子はいらんか?」
弟子「えっ!? まさかもう一人弟子入りさせるんですか? はい、ぜひ!!」
珍樹ハンター「よし、では求人広告を出すぞ。インディードで良いか?」
弟子「えっ!? マジ!? バイト!?」

(発見場所/さいたま市 秋ヶ瀬公園・樹木名/サクラ)

人面樹「劇団ひとり」

劇団ひとり2019.1劇団ひとり2019.1・本人
ミシュランガイドにも登場する金色不如帰で、真鯛と蛤の塩そばを堪能。
食後は近くにある新宿御苑の園内を千駄ケ谷門に向けてのんびりと散策。

弟子「師匠、真鯛と蛤を使ったスープ、最高でした!!」
珍樹ハンター「あの塩そばは昨年幡ヶ谷から移転した後にできた新メニューで、澄みきった旨味のあるスープがたまらん。チャーシューもイベリコのバラ肉などを使っとる」
弟子「どおりで。ホロホロに柔らかくて美味しかったー」
珍樹ハンター「次回は定番の醤油そばを食べよう。で、ワシはちょいとトイレに行ってくる」
---------5分後 (カシャ!! カシャ!!)
珍樹ハンター「おい、なにを撮っとる。しかも女便所の入り口で。怪しまれるぞ」
弟子「だって、あれ。トイレの建物のそばに劇団ひとりさんの顔があるんですよ」
珍樹ハンター「はははっ。これは本当に目の前じゃな。女便所を覗きながら笑っとるぞ」
弟子「そうなんですよ。とってもいい笑顔なんです」
珍樹ハンター「おい、なにしとる。幹に耳なんか当てて」
弟子「樹木の声を聞いてるんです」
珍樹ハンター「で、なんと言ってる?」
弟子「師匠のチャックが開いてる、ですって」
珍樹ハンター「なに!? ゲッ!! 本当だ。それで笑ってたのか!!」

(発見場所/新宿区 新宿御苑・樹木名/カエデ)

動物樹「ネコ」

ネコ2019.1ネコ2019.1・本物
鎌倉時代に発見されたという禅寺丸柿の原木を見に、川崎市の王禅寺へ。
その後は近くにある王禅寺ふるさと公園のベンチで、弟子の2号とコンビニ弁当でランチ。

弟子「師匠、この公園にも禅寺丸柿があるんですね」
珍樹ハンター「寄贈されたものが何本かある。ほれ、あの看板がたってる木もそうじゃ。まだ細いが普通の柿の木より貫録があって枝振りもいいのぅ」
弟子「原木が発見されたのが約800年前。現存のひこばえは樹齢450年みたいですね」
珍樹ハンター「甘柿としては日本最古と言われてるぞ」
弟子「あっ、後ろに黑ネコがいますよ。師匠のシャケ弁を狙ってるみたいですね」
珍樹ハンター「2号、お前の後ろのマテバシイの幹にもネコがいるぞ」
弟子「うわっ、ホントだ。この珍樹、松山ケンイチさんの顔にも似てますね」
珍樹ハンター「良く見ると、目の中に縦に細長い瞳孔のような亀裂が入っとる」
弟子「ホントだ。しかも両方の目に。やはりこれは松山ケンイチさんではなくネコですね」
珍樹ハンター「おい、2号。黒ネコが珍樹に近づいとるぞ」
弟子「ホントだ。しかも見つめ合ってる」
ニャー!!

(発見場所/川崎市 王禅寺ふるさと公園・樹木名/マテバシイ)

人面樹「天使の像」

天使の像天使の像・本物
東京と埼玉の水瓶である荒川沿いの彩湖までやってきた二人。
その湖のほとりに広がるグリーンパークで、さっそく珍樹ハント開始。

弟子「師匠、水面に水鳥がたくさんいますね」
珍樹ハンター「あの欄干に一列に止まっているのはユリカモメじゃな」
弟子「ランナーも多いですね。あっ、あの看板、来週高校のマラソン大会があるんですね」
珍樹ハンター「ここは年間を通して様々なマラソン大会が開催されとるんじゃよ。実は知り合いから先月15日のフルマラソンに誘われたんじゃが、最近運動不足でな。断ってしまった」
弟子「フルマラソンか〜。ボクはムリだな〜。5kmくらいなら走れそうだけど」
珍樹ハンター「おっ、あのサルスベリを見ろ」
弟子「うわっ、すごくリアル。天使の像や置き物とかの外人の子供の顔みたいですね」
珍樹ハンター「サルスベリの樹皮の色がようこの顔にあっとる。なかなかの傑作じゃぞ」
弟子「鼻も髪の毛もあるし、顔のパーツが完璧。クチビルもハート型になって可愛い〜」
カシャ!! カシャ!! カシャ!! カシャ!!
珍樹ハンター「おい、あまり正面から撮ると、右目下の割れ目が見える。なるべく斜に撮れ」
弟子「はい、師匠。了解しました!!」

(発見場所/戸田市 彩湖 道満グリーンパーク・樹木名/サルスベリ)

珍樹「一つ目小僧」

一つ目小僧2018.12一つ目小僧2018.12・本物
弟子の2号と今年初めての珍樹ハントは相模原麻溝公園。
まずは今年の干支である本物のイノシシを見に、園内のふれあい動物広場へ。

弟子「師匠、イノシシいませんね。どのあたりにいるんですか?」
珍樹ハンター「確かなあのクジャクの隣の檻だったはずじゃが、おらんか」
弟子「うわっ、まるまる太った大きなブタですよ」
珍樹ハンター「2号、すまん。このでかいブタと勘違いしとった。ここにイノシシはおらん」
弟子「師匠、お正月そうそう大ボケですね」
珍樹ハンター「初夢にイノシシが出てきてな、その場所がここだったんじゃよ」
弟子「あっ、師匠。あの幹肌が黒い木を見てください。一つ目小僧がいますよ」
珍樹ハンター「おっ、これは今年一つ目の珍樹が一つ目小僧とは随分シャレとるな」
弟子「切られたばかりの鮮やかな枝の断面に、この顔はインパクトありますね。遠目からでもよくわかるし。で、あれ? 師匠。ブタの檻を覗きこんでどうしたんです?」
珍樹ハンター「いや、正夢にならんかと思ってブタをずーっと見とるんじゃ」
弟子「はははっ。師匠らしいですね。でもイノシシを家畜化したのがブタですから、このブタをイノシシだと思ってもいいんじゃないですか。師匠、今年もこんな楽しいノリで、引き続き一年間よろしくお願いいたします!!」

(発見場所/相模原市 相模原麻溝公園ふれあい動物広場・樹木名/エゴノキ)

動物樹「イノシシ」

安否イノシシ
今年最後の珍樹ハントは、約3年前にイノシシを見つけた長池公園。
長池自然館の脇にある駐車場に車を止め、落ち葉ふり積もる園内へ。

弟子「師匠、今日はなかなか見つかりませんね。あっ、また池だ」
珍樹ハンター「園内には3つの池があってな。これは長池という名の溜池じゃ」
弟子「随分と雰囲気のある静かな池ですね」
珍樹ハンター「浄瑠璃姫伝説が残る池でな、この池から薬師如来像が出てきたんじゃよ。ほれ、あそこの案内板に詳しく書かれているから読んでみろ」
弟子「へえ〜、悲しいお話があった神秘的な池なんですね」
珍樹ハンター「確か以前見つけたイノシシはこの上の雑木林じゃ。安否確認をするぞ」
弟子「来年の干支はイノシシですから、縁起物ですね」
珍樹ハンター「おっ、あった、あった。切り口も回りと馴染んでイノシシらしくなっとるぞ」
弟子「イノシシさん、イノシシさん、来年も良い年でありますように......」
珍樹ハンター「よし、今年のハントはこれにて終了。車を置いて八王子で忘年会じゃ」
弟子「はーい!!」

(発見場所/八王子市 長池公園・樹木名/コナラ)

動物樹「オランウータン」

オランウータン2018.12オランウータン2018.12・本物
JR飯田橋駅から、弟子の2号と徳川家ゆかりのある小石川後楽園の日本庭園へ。
11月の紅葉シーズンとは打って変わり、園内は人気もなく静かで思索に耽るのにぴったり。

弟子「師匠、庭園の後ろに見える雪山みたいなものは何ですか?」
珍樹ハンター「はははっ、2号。雪山とは想像力豊かじゃな。あれは、東京ドームじゃ。遊園地が近くにあるので、たまにジェットコースターを楽しむヤツらの絶叫も聞こえるぞ」
弟子「あっ、師匠。トイレの前に、柵に囲まれた大きな樹木がありますけど」
珍樹ハンター「これはサイカチじゃ。幹まわりが2mを超える古木でな、樹勢が衰えてきたので、根元から出たヒコバエを大事に保護してるんじゃよ」
弟子「あっ、師匠。幹の窪みを見てください」
珍樹ハンター「2号、あれはサルノコシカケじゃ。このサイカチの衰えの原因でな、キノコなどの菌類が樹体に入ると木は弱ってしまうんじゃよ」
弟子「師匠、違います。サルノコシカケの上の方でオランウータンがこちらを見てます」
珍樹ハンター「はははっ、これはこれは。では、オランウータンノコシカケじゃな」
弟子「あっ、遊園地から絶叫が聞こえてきますね。師匠、このあと乗りに行きませんか?」
珍樹ハンター「2号、悪いがワシはジェットコースターが苦手じゃ。どうも乗ると股がスースーしてな。隣にはラクーアというスパがあるが、そっちでどうじゃ」
弟子「了解しました。ちょっと早いですが、1年のアカを流しましょう!! 」

(発見場所/都立小石川後楽園・樹木名/サイカチ)

動物樹「ダチョウ」

エミュー
エミュー・本物
JR大船駅西口で待ち合わせた二人。
さて、今回はどこで珍樹ハントするつもり?

弟子「師匠、最近よく利用する湘南モノレールは東口ですけど。あっ、西口だから、もしかして大船フラワーセンターに行くんですか?」
珍樹ハンター「違う。今日はこれからあそこへ向かうぞ。あの山を見ろ」
弟子「うわっ、なんです、あの森から出た白い顔? 観音様?ですか?」
珍樹ハンター「そうじゃ、大船観音じゃ。参拝したあと、境内で珍樹ハントするぞ」
---------駅から大船観音まで坂道を上って徒歩5分
弟子「師匠、さっそく見つけました。あの木にダチョウの横顔がありますよ」
珍樹ハンター「本当じゃ。これは鋭いクチバシ。目もいい感じになっとるな」
弟子「それにしても師匠、この観音様って胸から上だけなんですね」
珍樹ハンター「地質が柔らかくて立像だと倒れてしまうらしい。これでも高さ25m以上はある。身体が地面に埋れてるという都市伝説もあるぞ。よし、裏に回って胎内には入ろう」
弟子「へぇ〜、身体が埋まってたら驚きですね。あっ、師匠。観音様の顔をよく見てください。眉毛と鼻筋がクジラの尻尾で、胸元の飾りがウーパールーパーの顔に見えませんか?」
珍樹ハンター「はははっ、今日は随分と感度良好じゃな」
弟子「なんか観音様の顔をずーっと見てたらパワーが出てきました」
珍樹ハンター「それは良かったな。ここは大船観音寺という寺だから御朱印ももらえるぞ」

(発見場所/大船市 大船観音・樹木名/モチノキ)

人面樹「石原さとみ」

石原さとみ2018.12石原さとみ・本人2018.12
北府中駅から歩いて10分のところにあるラーメン英二で二郎系の爆盛りラーメンを堪能。
食後は東府中駅までのんびり散策し、途中、府中の森公園でトイレ休憩。

弟子「師匠、トイレですか? では美術館の前で待ってます」
珍樹ハンター「豚肉を2枚追加して無料トッピングを全部いれたから腹がパンパンじゃ。少し出してくる。そのあいだハントでもしててくれ。では30分後にパークス売店で集合しよう」
弟子「はい、美術館ではなくパークス売店ですね。わかりました」
------30分後
弟子「師匠、やりました!! この写真みてください。石原さとみさんの人面樹です」
珍樹ハンター「おっ、これはメガネをかけた時の顔じゃな。デコの広がりが良い感じじゃ」
弟子「今日もユズリハに的を絞って珍樹ハントしてみました。前回は伊調馨さんの顔を発見したし、この公園のユズリハは人面樹の宝庫ですね。そっくり度も高いし」
珍樹ハンター「よし、今年もあとわずかじゃ。今日は天気もいいし、このあと一年分の珍樹写真を整理するか。今年はアオギリよりユズリハの人面樹の方が多いかもしれんぞ」
弟子「師匠、それを言うなら天気がいいからこのまま外で珍樹ハントでは?」
珍樹ハンター「なにを言っとる。このままこの公園で芝生に寝ころびながらノートパソコン広げて整理するんじゃよ。Wi-Fiも持ってきたし、さっき売店でレジャーシートも買ったし」
弟子「それ、いいアイデアですね。師匠、今日は準備万端、冴えてる〜。あまり珍しいことすると天気急変して雨降っちゃいますよー!!」

(発見場所/都立府中の森公園・樹木名/ユズリハ)

珍樹「リング」

リング
リング・本物
高尾山ケーブルカー山頂駅の展望台で、弟子の2号と大パノラマを満喫。
その後、握り飯片手にスギやコナラの老木巨木が生い茂る1号路で珍樹ハント。

弟子「師匠、展望台のそばに新しくレストランがオープンしたみたいですね」
珍樹ハンター「定食や喫茶、6月までバーベキューも楽しめるようじゃな」
弟子「バーベキューですか。どうりで、いい匂いがプンプンしてました」
珍樹ハンター「肉は米沢豚みたいじゃな。“手ぶらでバーベキュー”の看板も出とったぞ」
弟子「で師匠、僕達はなんでオニギリなんですか? しかもコンビニのではなく師匠が握った」
珍樹ハンター「2号、許せ。またまた金欠じゃ。ここで金を使うと忘年会ができん」
弟子「はい、はい、わかりました。今年もそのパターンですか。では忘年会、期待してます」
珍樹ハンター「おっ、2号。あれを見ろ!!」
弟子「どうしたんですか、師匠。口から米粒とばして」
珍樹ハンター「2号、あの斜面に浮き出た巨木の根を見ろ。知恵の輪みたいじゃぞ」
弟子「うわっ、根っこがからまってるー。えっ!? これ、どうなってるんですか? 根っこが一周まわって輪っかになって、その中に違う根っこが通って。うわーっ、頭がおかしくなりそー」
珍樹ハンター「2号、ワシが以前読んだ学者の本によると、根は地面の下で他の根と繫がり情報交換をしているそうじゃ。まるで人間が手を繋いで相手の気持ちを確かめるようにな」
弟子「なるほど。樹木は動くことや会話ができないから、根っこを通して他の樹木とスキンシップやコミュニケーションをとっているというワケですね。樹木ってホント賢いですね」

(発見場所/高尾山 1号路・樹木名/根)

動物樹「ロバ」

ロバ2018.10ロバ2018.10・本物
湘南モノレールを利用して、終点・湘南江の島ひとつ手前の駅にある片瀬山公園へ。
前回はロナウジーニョの人面樹を発見したが、今回はいったい何が見つかった?

弟子「師匠、この公園に来るの2度目ですね」
珍樹ハンター「そうじゃな」
弟子「小さな公園ですけど、不思議な形をした樹木がたくさんありますね」
珍樹ハンター「おっ、リスじゃ」
弟子「さすが、師匠。もう動物樹を発見しましたか!!」
珍樹ハンター「いや、珍樹ではない。本物のリスじゃ。ほれ、あそこを見ろ」
弟子「うわっ、カワイイ〜。シマリスかと思ったらタイワンリスですね」
珍樹ハンター「湘南モノレール沿いの公園では、よくタイワンリスを見かけるぞ。どうやらモノレールを使って、沿線で繁殖してしまったようじゃな。おっ、今度はロバじゃ」
弟子「.......。師匠、調子に乗ってウソつかないで下さい。いくらなんでもロバはいませんよ」
珍樹ハンター「いや、今度は珍樹じゃ。ほれ、あそこを見ろ」
弟子「はははっ、ホントーだー。鼻が大きい絵本に出てくるようなロバさんですね。それにしても師匠、ボクたちの会話ってややこしいですね。本物なんだか珍樹なんだか。それと師匠、リスはモノレールを使って移動しませんから。デタラメ言わないで下さいね!!」

(発見場所/藤沢市 片瀬山公園・樹木名/サカキ)

動物樹「アヒル」

アヒル2018.11アヒル2018.11・本物
今年4月にリニューアルオープンした大船フラワーガーデンまでやってきた二人。
温室を含め、園内をひと通りチェックした後、珍樹ハント開始!

弟子「師匠、レストハウスにウッドデッキができて、なんだかオシャレになりましたね。道とか広場が拡張整備され、解放的になった気がします」
珍樹ハンター「前は県だったが、4月から日比谷花壇が管理しておる。これからどんどん手を加えたり、イベントなどもたくさんやるつもりじゃろ」
弟子「あっ、師匠。あのモクレンの木を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これはアヒルの横顔じゃな。首がいい感じで伸びとる」
弟子「でもモクレンと書かれたプレートが首にかかっているのが痛々しいですね」
珍樹ハンター「樹木は成長とともに近くにあるものを飲みこむ習性がある。このままだと、いつか針金が食い込んでとれなくなってしまうぞ」
弟子「付け根にあるカサブタみたいなシワは、針金のしわざですかね」
珍樹ハンター「これは針金ではない。ブランチバークリッジといって、幹と枝が成長する過程で、ぶつかってできるシワじゃ」
弟子「あっ、師匠。何してるんです?」
珍樹ハンター「二股部分は特にくい込みやすいから、針金の場所を変えとるんじゃ」
弟子「公園を管理する人も、もう少し珍樹の気持ちをわかってくれるといいんだけどなー」

(発見場所/大船市 日比谷花壇大船フラワーセンター・樹木名/モクレン)

人面樹「伊調 馨」

伊調馨伊調馨・本人
府中駅前の麺創研 紅で、弟子の2号と辛味噌ラーメンを堪能。
食後は隣駅にある府中の森公園で、パンパンになった腹をウォーキングで解消!

弟子「師匠、野菜ドカ盛とバラ肉増しでお腹いっぱいです」
珍樹ハンター「ワシは5辛の鬼紅にやられて口の中がまだ火事のようじゃ」
弟子「隣りは紅BLACKという姉妹店なんですね」
珍樹ハンター「BLACKは焼き焦がしの黒醬油スープがうまいぞ。今月、紅のカップラーメンも発売された。あとでコンビニで売っているか寄ってみよう」
弟子「あっ、あの幹に顔がありますね。あれ? 師匠、どうしました? お腹を抱えて」
珍樹ハンター「2号、胃腸......の」
弟子「やっぱりこの顔、伊調さんですよね。一瞬、眞子様にも似てると思いましたけど。この公園はユズリハが多いからユニークな人面樹がよく見つかりますね」
珍樹ハンター「2号、胃腸.....の」
弟子「師匠、わかりました。この顔は眞子様ではなく伊調さんで決定です」
珍樹ハンター「2号、胃腸の......薬を早くくれー。人面樹の名付けと撮影は後回しにして薬じゃ。久々に食った激辛増し増しの鬼紅ラーメンにヤラレター」
弟子「なーんだ、イチョウってお腹のことだったんですね。今すぐ買って来まーす」

(発見場所/都立府中の森公園・樹木名/ユズリハ)

人体樹「人さし指/手首」

安否確認・指
約8年前に見つけた人体樹の安否を確認しに、新宿御苑のラクウショウの森へ。
公園のHPには10月の台風でたくさんの樹木が倒れたと書かれていたが、大丈夫か?

弟子「師匠、ラクウショウの森付近も台風でだいぶやられたそうですね」
珍樹ハンター「まあこの人体樹はラクウショウの気根じゃ。地面からタケノコのように出てきたもので背が低い。まず倒れることはないだろう」
弟子「でも、倒木の下敷きになったりして。あー、確認できるまで心配です」
珍樹ハンター「おっ、ラクウショウの森に着いたぞ。どれどれ?」
弟子「あっ、ありましたね。2つとも無事です。あー、良かったー」
珍樹ハンター「人差し指の方はあまり変わっとらんが、手首は随分と背が伸びたな」
弟子「気根って、酸素を吸うために地面から出てくるんですよね。だとしたら、伸びが早い方が元気があるのかな。それとも伸びが遅い方が安定してて健康なのかな」
珍樹ハンター「それにしても、周りの気根はどんどん伸びているのに、この人さし指だけそのままというのも不思議なもんじゃな。ツメの部分もリアルなままだし」
弟子「まさか」
珍樹ハンター「ひょっとして」
弟子「埋められていた本物の人さし指が地面に出てきた?」
珍樹ハンター「ナンバーワン!!」
弟子「................。師匠、普通そこは、ワーとか、キャーとかじゃないんですか。ぜんぜん会話が噛みあってませんけど」

(発見場所/新宿区 新宿御苑・樹木名/ラクウショウ)

動物樹「フクロウ」

フクロウ2018.10フクロウ2018.10・本物
弟子の2号と、陣馬高原から約15kmの尾根道を経て高尾山へ。
高尾山口駅まであと3km、早くしないと暗くなってしまうぞ。

弟子「師匠、だいぶ暗くなってきましたね」
珍樹ハンター「冬は陽が短い。もう少し早目にスタートしなくてはいかんな」
弟子「樹木が鬱蒼として、なんだかフクロウが鳴きそうな雰囲気ですね」
珍樹ハンター「高尾山といえばムササビが有名じゃが、もちろんフクロウもいるぞ」
弟子「ボク、野生のフクロウ見たことないんです。今日出逢えたら、いいのになー」
珍樹ハンター「ホー、ホー。ほれ、フクロウが鳴きだしたぞ」
弟子「ほんとだー、どこにいるんだろう?」
珍樹ハンター「おっ、あの切株を見ろ。フクロウが止まっとるぞ」
弟子「うわっ、すごーい。こっち見てますね。また鳴かないかなー」
珍樹ハンター「ホー、ホー(2号のヤツ、切株を本物だと信じ込んでるな)」
弟子「うわっ、また鳴いたー。ボクたちの言うことがわかってるみたいですね」
珍樹ハンター「ホー、ホー(2号のヤツ、声まで本物だと思ってるぞ)」
弟子「ボク、フクロウの声きいたの初めてです。とても感激しました!!(師匠、いつまで口マネ続けるつもりだろう。演技やめて早く帰りたーい)」

(発見場所/高尾山 1号路・樹木名/切株)

珍樹「サザエさんのアナゴさん」

アナゴくん2018.11アナゴくん2018.11・本物
京王線を利用して武蔵国の守り神である大國魂神社へ。
参拝後は、隣駅にある府中の森公園で珍樹ハント開始。

弟子「師匠が随神門のところで触ってた石は何ですか?」
珍樹ハンター「あれは鶴石と亀石。パワーストーンじゃ」
弟子「なんだ、最近調子が悪いから、ボクも触ってパワーをいただきたかったな」
珍樹ハンター「ところで、今日はなんで御朱印をもらわないんじゃ」
弟子「御朱印帳を忘れました。別の紙にいただいて後で貼るのもちょっと嫌だし」
珍樹ハンター「なんじゃ、おまえは随分と几帳面なんじゃな」
弟子「師匠が雑なだけですよ。あっ、師匠。クチビル・・・」
珍樹ハンター「クチビル? さっき境内で食べたタコ焼きのノリでも口についとるか」
弟子「違います。師匠のクチビルではありません。あの木を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これはユズリハに現れた見事なクチビルじゃな。げっ!?」
弟子「師匠、どうしました? 写真を撮るので、そこをどいてください 」
珍樹ハンター「大変じゃ。クチビルがワシの服に吸いついて離れん」
弟子「うわっ!! すごい吸引力ですね。これってまさかパワーツリー!?」
珍樹ハンター「かも、な」

(発見場所/都立府中の森公園・樹木名/ユズリハ)

動物樹「ゾウ」

安否ゾウ
弟子の2号と九段下にある二階堂で中華そばとイリコそばを堪能。
食後は武道館のある北の丸公園へ以前見つけたゾウの安否確認に。

弟子「師匠、丸鶏を使った中華そば、とてもおいしかったですー」
珍樹ハンター「2号、ワシが食べた煮干スープのイリコそばもうまかったゾウ」
弟子「師匠、いまゾウを強調しませんでしたか?」
珍樹ハンター「いや」
弟子「まあ、いいです。確かあのゾウは武道館の前にあるイチョウでしたよね」
珍樹ハンター「おっ、あったあった。せっかくじゃ、前の写真と比べてみよう」
弟子「少し太った感じがしますが、それ以外はあまり変わっていませんね」
珍樹ハンター「1年でガラッと変貌するものもあれば、このゾウのように7年経ってもほとんど変らないものもある。珍樹も人間と同じで、人生いろいろじゃな」
弟子「確かに。今年は台風で根こそぎ倒れた珍樹もありましたから。年月だけでなく自然災害でも何があるかわかりませんよ、本当に。人間と同じですね」
珍樹ハンター「さて、2号。このゾウを撮ったら、今日はもう帰るゾウ」
弟子「師匠、いま.....」
珍樹ハンター「強調はしとらんゾウ」
弟子「師匠って、本当に面白い人ですね!! ゾウも口あけて笑ってますよ」
ハ、ハ、ハッ!!

(発見場所/千代田区 北の丸公園・樹木名/イチョウ)

人面樹「石塚英彦」

石塚英彦2018.10石塚英彦2018.10・本人
鎌倉山の山頂付近に広がる笛田公園までやってきた二人。
珍樹ハント開始の前に、まずは眺めのいい場所で腹ごしらえ。

珍樹ハンター「ほれ、握り飯じゃ。食え」
弟子「.........」
珍樹ハンター「どうした? 腹へっとらんのか」
弟子「師匠、ここは鎌倉山ですよ。周りにはローストビーフの美味しいお店とかいろいろあるのに、なんで今日に限って師匠が握ったおにぎりなんですか」
珍樹ハンター「なんじゃ。気に入らんのか。鎌倉山までやってきた目的は食べることではない。珍樹を見つけることじゃ。勘違いしてはいかんぞ」
弟子「そっ、それはそうですけど.....」
珍樹ハンター「おっ、おまえの後ろにあるヤマモモの幹を見ろ」
弟子「うわっ、これは石ちゃん!!。まいう〜と言ってる時の顔ですね」
珍樹ハンター「ほれ、撮影は後まわしじゃ。まずはメシを食え。ありゃ?」
弟子「師匠、どうしました?」
珍樹ハンター「タコさんウインナーが1個たらんぞ」
弟子「まさか、石ちゃんが!?」
まいう〜

(発見場所/鎌倉市 笛田公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「カンガルー/ワニ」

カンガルー・ワニ
弟子の2号と多摩森林科学園で珍樹ハントするも、なかなか見つからず。
閉園時間が近づき、小雨も降ってきたので、ひとまず森の科学館の休憩室に避難。

弟子「師匠、ぜんぜん見つかりませんでしたね」
珍樹ハンター「まあ、こういう時もある。今日は止めてまた来よう」
弟子「ところで師匠。これを見てください」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号。ipadなんか出して。おっ、これは倒木じゃな」
弟子「ボクが高尾山で見つけた珍樹です。上が丸太にまたがるカンガルー。下が大きく口を開けたワニです。そっくり度は低いけど、遠目で見ると雰囲気ありますよね」
珍樹ハンター「確かに。下の看板を“ワニ注意‘’にしたら面白いぞ」
弟子「山道で倒木を見ると、たまにドキッとすることありますよね。何か見知らぬ生き物に出会ったような感じで。この時もいつ動きだすんじゃないかと怖かったです」
珍樹ハンター「2号、なぜこれをワシに早く見せないんじゃ。よし行くぞ」
弟子「えっ!? 師匠。ここから高尾山は近いですけど、もう夕方ですよ」
珍樹ハンター「2号、高尾山に行くとは一言もいってない。行くのは居酒屋じゃ。酒で頭を柔らかくし、2号が見つけた珍樹をもとに新たなハント術を考えよう」
弟子「はい、了解しました。久しぶりの居酒屋珍樹会議ですね」

(発見場所/高尾山 4号路〜1号路・樹木名/倒木)

動物樹「レッサーパンダ」

レッサーパンダ2018.9
レッサーパンダ2018.9・本物
ど・みその味噌ラーメンを食べに、立川グランデュオへ。
食後は昭和記念公園まで足を延ばして園内を散策。

弟子「師匠、朧月が閉店して味噌専門の店になったんですね」
珍樹ハンター「そうじゃ。先月閉店して新しい店になった。銀座の味が楽しめなくなったのは残念じゃが、今度できた店もなかなかじゃな」
弟子「背油が入った濃厚な味噌ラーメン、最高でした!!」
珍樹ハンター「縮れた太麺としっかりからんだうまいスープじゃった」
弟子「あっ、師匠。あのヤマモモを見てください」
珍樹ハンター「おっ、これはレッサーハンダの顔じゃな」
弟子「最近、ヤマモモによく珍樹を見つけますね」
珍樹ハンター「樹皮が荒れやすいのが難点じゃが、ヤマモモはもともと珍樹の発見率が高い樹木。公園ではよく見かけるから、常にチェックするといいぞ」
カシャ!! カシャ!!
弟子「師匠、写真を撮りました。どうです?」
珍樹ハンター「どれどれ。もう少し下の部分を入ると、口みたいに見えるぞ」
弟子「はい!! 了解しました」

(発見場所/国営昭和記念公園・樹木名/ヤマモモ)

アオギリのNo.1人面樹、台風で倒れる!!

アオギリ2018.10
野川公園へ一人で出かけて行った弟子の2号から師匠へ電話。
とても慌てた様子だが、いったい何があった?

弟子「師匠、タタタ、大変でーす!!」
珍樹ハンター「どうした、2号。ワシが貸したカメラでも落としたか?」
弟子「違います。津川さんに似てると雑誌やテレビに何度も出た人面樹が無くなってます。よく幹に抱きついて一緒に写真を撮った師匠もお気に入りのあの人面樹です」
珍樹ハンター「なに!? それは本当か」
弟子「先日の台風で根こそぎやられました。今LINEで現場の写真を送ります」
ピロリーン〜♪
珍樹ハンター「ナナナ、なんと!! これはひどい。アオギリ林がやられとる。手前の土の見える部分が立ってた場所じゃな。それで倒れた人面樹はどんな状況なんじゃ」
弟子「師匠、それが探したんですけど、樹木自体が無いんですよ。それでさっき管理センターの所長さんに事情を聞いたら、もう一つ前の台風にやられたそうです」
珍樹ハンター「そうか。もう片づけられてしまったんだな。でも2号、それで良かったかもしれんな。めちゃくちゃになった無残な姿を見てしまったら切な過ぎるぞ」
弟子「あの人面樹は目力の強い見事な顔立ちで完成度の高い顔でしたからね。10年来何度も会いに来て、想い出もいっぱいあるだけに別れが辛いですね」
珍樹ハンター「いつかこういう日が来るとは思っていたが、実際に来てみるとやはりショックじゃな。よし、他の珍樹も心配じゃ。今月は安否確認強化月間とするぞ」
弟子「はい、了解しました!!」

(発見場所/都立野川公園・樹木名/アオギリ)

人面樹「東ちづる」

東ちづる東ちづる・本人
弟子の2号の付き合いで、靖国神社へ御朱印をいただきに。
その後、近くにある北の丸公園で珍樹ハントを開始。

弟子「師匠、靖國神社の御朱印みてください。シンブルでかっこいいですね」
珍樹ハンター「なんじゃ、2号は御朱印めぐりを始めたのか。リュックの中に御朱印帳を何冊も入れて。今、流行ってるみたいじゃな」
弟子「7月のみたままつりの時は、期間限定の御朱印がいただけるみたいですよ」
珍樹ハンター「スタンプラリーとか、2号はいろいろ収集するのが好きじゃな」
弟子「珍樹ハントだって、撮った写真をコレクションするじゃないですか。それと同じです。師匠も御朱印めぐり始めませんか?」
珍樹ハンター「おっ、2号。あの東屋の横にあるヤマモモの幹を見ろ。顔があるぞ」
弟子「はははっ、これは東ちづるさんですかね」
珍樹ハンター「東屋の近くに東ちづるとは、シャレのきいた人面樹じゃな」
弟子「師匠、ひょっとして東ちづるさんの顔は初めてですか?」
珍樹ハンター「そういえば、そうじゃな」
弟子「これでまた女性の人面樹が一つ増えましたね。コレクションって、楽しー」

(発見場所/千代田区 北の丸公園・樹木名/ヤマモモ)

動物樹「キリン」

キリン2018.10
キリン2018.10・本物
朝早くから高尾山で珍樹ハントをする二人。
山頂までは、久しぶりに尾根道を行く稲荷山コースだ。

弟子「師匠、昨夜の雨でけっこう道がぬかるんでますね」
珍樹ハンター「稲荷山コースは根っこが浮き出てるから気をつけろ」
弟子「うわっ!!」ドスン!!
珍樹ハンター「ほれ見ろ。言ったそばから尻もちか。カメラは大丈夫か?」
弟子「あっ、師匠!! ボクがつまずいた根っこの先を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これは幹の間に挟まった倒木がキリンに見えるぞ」
弟子「なんだか柵の間から首を出して餌を食べてる動物園のキリンみたいですね」
珍樹ハンター「首の長さが2mくらいある大物。でかしたぞ、手柄じゃ!!」
弟子「師匠、ではご褒美として高尾山ビアマウントで食べ放題おごってください」
珍樹ハンター「今日は金欠じゃ。金が入る月末で良いか?」
弟子「えーっ、だって今年の営業は10月15日でおしまいですよ」
珍樹ハンター「ではまた来年じゃな」
弟子「もー。来年って、毎年そんなこと言って一体いつおごってくれるんですかー」

(発見場所/高尾山 稲荷山コース・樹木名/倒木)

動物樹「トリ」

急降下する鳥
急降下する鳥・本物
都立野川公園のサービスセンターで、師匠と弟子の2号が待ち合わせ。
しかし、師匠がなかなか来ないぞ。なんでだ!?

弟子「師匠、遅いなぁ......。あっ、来た」
珍樹ハンター「2号、悪い悪い。だいぶ遅れてしまった」
弟子「師匠、何してたんです? 二日酔いで、また寝坊ですか?」
珍樹ハンター「手前にある武蔵野の森公園に寄ってきた」
弟子「先日師匠が山中湖で話してた東京オリンピックの自転車ロードレースのスタート会場になる公園ですね」
珍樹ハンター「そうじゃ。せっかくなのでどんな感じになっとるか見てきた」
弟子「はい、師匠。この写真を見てください」
珍樹ハンター「おっ、これは鳥の顔じゃな」
弟子「師匠を待ってる間、松葉の中を覗いてたら、芽が鳥の横顔にそっくりでした。周りの松葉が流れてるみたいで、鳥が急降下しているように見えますよね」
珍樹ハンター「よし、2号。ここで一句じゃ。“待つ間 松の間に 鳥の顔”」
弟子「師匠、ナイス!! おやじギャグもきいたいい句ですね」
珍樹ハンター「さっき駅前の店でビール飲んだから頭の回転がとてもいいんじゃよ」
弟子「えっ!? 遅刻の原因は、公園の視察ではなくビール?」
珍樹ハンター「げっ!! バレたか」

(発見場所/都立野川公園・樹木名/マツ)

動物樹「ウマ」

ウマ2018.9ウマ2018.9・本物
今回はケーブルカーを使わず、弟子の2号と女坂を登って大山山頂へ。
途中、七不思議のひとつである逆さ菩提樹を見学。

弟子「師匠!! この菩提樹、案内板によると上に向かって幹が太くなるそうです」
珍樹ハンター「まさに珍樹じゃな。ひとまず写真を撮っておけ」
弟子「はい!!」
珍樹ハンター「おっ、2号。あれを見ろ。ウマの長い顔があるぞ」
弟子「どれです? ボクにはわかりませんけど」
珍樹ハンター「あのイヌシデの大木の根元を撮って、モニターを逆さまに見てみろ」
弟子「うわっ!! ホントーだー。目の窪みと鼻の穴が絶妙ですね。浮き出た根っこが耳になってるのもおもしろーい。さすが、師匠!! 回転技、お見事です」
珍樹ハンター「では、下山するぞ」
弟子「えっ!? 下山って、まだ登り始めたばかりじゃないですか」
珍樹ハンター「2号、実はカメラを売って金が入った。ウマの珍樹を見つけたことだし、麓の店でウマい豆腐でも食べよう。おごるぞ」
弟子「うわーっ、本当ですかー。大山って豆腐料理が名物なんですよね。うれしーって、まさかそのカメラ、ボクにくれるって言ってたヤツですか?」
珍樹ハンター「2号、今日はビールも飲んで良いぞ」
弟子「...............、ショック!!」

(発見場所/伊勢原市 大山・樹木名/イヌシデ)

人面樹「バイきんぐ・小峠英二」

小峠英二2018.9小峠英二2018.9・本人
京王線高幡不動駅前にある小川で、濃厚塩とんこつラーメンを堪能。
食後は多摩都市モノレールを使って、2駅先の多摩動物公園・昆虫館へ。

弟子「師匠、さっきのお店は今月1日に改装オープンしたんですね。食後のアイスもリニューアル記念で100円で食べられて、美味しかったー」
珍樹ハンター「ワシは3回も替玉をして、アイスも食べて、腹がパンパンじゃ」
弟子「あっ、その師匠の出っ張ったお腹にチョウが止まってます。はははっ!!」
珍樹ハンター「それにしてもこの温室は暑いぞ。じっとしてても、汗が出てくる」
弟子「確かに。南国にあるような樹木がいっぱい展示されてますね」
珍樹ハンター「おっ、あのモモタマナと書かれてる木を見てみろ」
弟子「うわっ、これは小峠さんの顔」
珍樹ハンター「ちょっと眼が離れとるが、おでこと口の曲がり具合がいい感じじゃ」
弟子「あっ、今度は小峠さんのおでこにチョウが止まったー」
珍樹ハンター「ここで飼育されとるチョウは、妙な場所に止まるな」
弟子「はははっ、確かに!!」

(発見場所/都立多摩動物公園 昆虫館・樹木名/モモタマナ)
人気珍樹【人面樹】編
片桐はいり 片桐はいり ビッグダディ ビッグダディ テリー伊藤 テリー伊藤 ビートたけし ビートたけし ハリセン・はるか ハリセンボンはるか アンジャッシュ児嶋 アンジャッシュ児嶋 今田耕司 今田耕司 ikko 坂上忍 坂上忍 明石家さんま 明石家さんま 千原ジュニア 千原ジュニア 間寛平 間寛平 バイきんぐ小峠2 バイキング小峠 デヴィ夫人 デヴィ夫人 みうらじゆん みうらじゅん ローラ ローラ ユースケサンタマリア ユースケサンタマリア 工藤静香 工藤静香 前田敦子 前田敦子 大島優子 大島優子 高橋ひとみ 高橋ひとみ 藤岡弘、2 藤岡弘、 三億円犯人モンタージュ写真 三億円犯人 宮迫博之 宮迫博之 サンドウィッチマン・伊達みきお サンドイッチマン伊達 タモリ タモリ 坂田利夫 坂田利夫 桃井かおり 桃井かおり 萩原聖人 萩原聖人 夏八木勲 夏八木勲 山下真司 山下真司 改・西田さん 西田敏行 仲代達矢 仲代達矢 松村邦洋 松村邦洋 松本人志 松本人志 堺雅人 堺雅人 松田優作 松田優作 松田龍平 松田龍平 ミッツマングローブ ミッツマングローブ 研ナオコ 研ナオコ 久本雅美 久本雅美 ジャイアント馬場 ジャイアント馬場 コブクロ黒田 コブクロ黒田 イモトアヤコ イモトアヤコ 友近 友近 林修 林修 八代英輝 八代英輝 市川海老蔵 市川海老蔵 ムルシ族2 ムルシ族 安藤美姫2 安藤美姫 松本薫 松本薫 吉田沙保里 吉田沙保里 スギちゃん スギちゃん 久米宏 久米宏 堺雅人 堺雅人 竹中直人 竹中直人 名倉潤2 ネプチューン名倉潤 堀内健 ネブチューン堀内健 改・原田さん ネプチューン原田 オリラジ中田 オリラジ中田 改・美川さん 美川憲一 太田光 太田光 鳥居みゆき 鳥居みゆき 所ジョージ 所ジョージ 関根勤 関根勤 北斗晶 北斗晶 佐々木健介 佐々木健介 西川きよし 西川きよし 横山やすし 横山ヤスシ 内村光良 内村光良 南原清隆 南原清隆 ボブ・サップ ボブ・サップ 高見盛 高見盛 亀田興穀 亀田興穀 亀田大穀 亀田大穀 檀蜜 壇蜜 財津一郎 財津一郎 改・嘉田さん 嘉田由紀子 野田佳彦 野田佳彦 橋下徹 橋下徹 安倍晋三 安倍晋三 前原誠司 前原誠司 石破茂 石破茂 小沢一郎 小沢一郎 鳩山由紀夫 鳩山由紀夫 石原慎太郎 石原慎太郎 小泉純一郎 小泉純一郎 福田康夫 福田康夫 麻生太郎 麻生太郎 田中眞紀子 田中眞紀子 渡辺喜美 渡辺善美 プーチン プーチン大統領 石原伸晃 石原伸晃 改・森喜朗 森喜朗 山口百恵 山口百恵 澤穂希 澤穂希 芦田愛菜 芦田愛菜 鈴木福 鈴木福 えなりかずき えなりかずき 津川雅彦 津川雅彦 研ナオコ4 研ナオコ いかりや長介 いかりや長介 仲本工事 仲本工事 志村けん3 志村けん 加トちゃん 加トちゃん 高木ブー 高木ブー 的場浩司 的場浩司 なぎら健壱 なぎら健壱 我集院達也 我修院達也 ガッツ石松 ガッツ石松 海女さん 海女さん 柄本明 柄本明 地井武男 地井武男 渡辺恒雄 渡辺恒雄 内藤大助 内藤大助 栗原類 栗原類 井上和香 井上和香 多部未華子 多部未華子 上戸彩 上戸彩 八代亜紀 八代亜紀 五月みどり 五月みどり 宍戸錠 宍戸錠 中井貴一 中井貴一 川谷拓三 川谷拓三 蛭子能収 蛭子能収 渥美清 寅さん(渥美清) 三國連太郎 三國連太郎 仲代達矢 仲代達矢 花田虎上 花田虎上 宇梶剛士 宇梶剛士 南明奈 アッキーナ 温水洋一 温水洋一 劇団ひとり 劇団ひとり 原口あきまさ 原口あきまさ サバンナ八木 サバンナ八木 よゐこ濱口 よゐこ濱口 寺門ジモン2 寺門ジモン 清水アキラ 清水アキラ 石橋貴明 石橋貴明 福山雅治 福山雅治 改・阿部さん 安部寛 加藤浩次 加藤浩次 柴田理恵 泉ピン子 はしのえみ はしのえみ 石田純一 石田純一 虻川美穂子 虻川美穂子 坂下千里子 坂下千里子 柴田理恵 柴田理恵 雛形あきこ 雛形あきこ 川島なお美 川島なお美 神田うの 神田うの 長嶋茂雄 長嶋茂雄 王貞治 王貞治 張本勲 張本勲 工藤公康 工藤公康 村田修一 村田修一 澤村拓一 澤村拓一 金本知憲 金本知憲 野村克也 野村克也 野村沙知代 野村沙知代 内舘牧子2 内舘牧子 アジアン隅田 アジアン隅田 大竹まこと 大竹まこと 改・ウド鈴木 ウド鈴木 柳沢慎吾 柳沢慎吾 酒井敏也 酒井敏也 大杉漣 大杉漣 谷村新司 谷村新司 堀内孝雄 堀内孝雄 森三中 村上 森三中 村上 森三中 大島 森三中 大島 石井慧 石井慧 木村祐一 木村祐一 千原ジュニア 千原ジュニア 長州小力 長州小力 タカアンドトシ「タカ」 タカアンドトシ「タカ」 タカアンドトシ「トシ」 タカアンドトシ「トシ」 サバンナ高橋茂雄 サバンナ高橋 COWCOW多田 COWCOW多田 土田晃之 土田晃之 宮崎哲弥 宮崎哲弥 柳沢慎吾 柳沢慎吾 デストロイヤー デストロイヤー 改・錦織さん 錦織圭 田原総一朗 田原総一朗 笑福亭笑瓶 笑福亭笑瓶 アニマル浜口 アニマル浜口 つぶやきシロー つぶやきシロー 島田紳助 島田紳助 松任谷正隆 松任谷正隆 ボビー・オロゴン ボビーオロゴン 田中邦衛4 田中邦衛 高橋源一郎 高橋源一郎 畑正憲 ムツゴロウさん アラーキー アラーキー 中居正広 中居正広 稲垣吾郎 稲垣吾郎 草なぎ剛 草なぎ剛 松本潤 松本潤 二宮和也 二宮和也 神田正輝 神田正輝 渡部揚一 戦場カメラマン 横浜銀蝿 翔 横浜銀蝿 翔 石塚英彦 石塚英彦 伊集院光 伊集院光 小島よしお 小島よしお 小薮千豊 小薮千豊 スリムクラブ内間 スリムクラブ内間 アルフィー・高見沢俊彦 アルフィー高見沢 立川談志 立川談志 織田信長 織田信長 川端康成 川端康成 松本零士 松本零士 中尾彬 中尾彬 水谷豊 水谷豊 布施明 布施明 和田アキ子 和田アキ子 大泉洋 大泉洋 宍戸錠 宍戸錠 若林豪 若林豪 本田圭佑 本田圭祐 香川真司 香川真司 長友佑都 長友祐都 長谷部誠 長谷部誠 闘莉王 闘莉王 岡崎慎司 岡崎慎司 宮川大輔 宮川大輔 コブクロ黒田 コブクロ黒田 哀川翔 哀川翔 吹石一恵 吹石一恵 千秋 千秋 中川翔子 中川翔子 杏優香 優香 竹原慎二 竹原慎二 角田信朗 角田信朗 清水圭 清水圭 糸井重里 糸井重里 なだぎ武 なだぎ武 小倉久寛 小倉久寛 平井堅 平井堅 チェ・ホンマン チェ・ホンマン 朝青龍 朝青龍 曙太郎 曙太郎 真矢みき(宝塚時代・男役) 真矢みき 男役 小倉優子 小倉優子 山田花子 山田花子 マツコ・デラックス マツコデラックス バイきんぐ小峠3 バイキング小峠 三浦雄一郎 三浦雄一郎 白鵬 白鵬 剛力彩芽 剛力彩芽 北村晴男 北村晴男 渡辺直美 渡辺直美
プラタナス・アート
サメ サメ ウサギ ウサギ ヘビ ヘビ コアラ コアラ アヒル アヒル イヌ イヌ シカ1 トナカイ ウシ ウシ 尻尾をふる犬 尻尾を振る犬
ユーカリ・アート
ユーカリ馬 ウマ ユーカリ犬 尻尾を振る犬
森全体
全景カメ カメ 全景ウサギ ウサギ
木星人を探そう!!
珍樹はもちろん、樹木に潜む木星人や木星生物も探してみては? 木星人 発見ファイルは、ここをクリック!!キモカラール
FC2カウンター
ランキングサイト
メールフォーム
★お問い合わせは、こちらから送信してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

人気珍樹【生物樹】編
ダイオウイカ ダイオウイカ オランウータン オランウータン アシカ アシカ ライオン・めす ライオン(メス) カメ カメ ワニ ワニ ペリカン ペリカン パグ 犬(パグ) オットセイ オットセイ 改1・イノシシ イノシシ カエル カエル タヌキ タヌキ ネコ ネコ ネズミ ネズミ カバ カバ 鯉の口 鯉の口 ウマ6 ウマ 白蛇 ホワイトスネーク タイ タイ ウシ ウシ 改・ワンちゃん イヌ ライオン 吠えるライオン 白いボクサー犬 白いボクサー犬 ゾウ ゾウ オランウータン チンパンジー オウム オウム ハチ ハチ 改・ヒツジさん ヒツジ コイ コイ イタチ改 イタチ バッファロー バッファロー サル サル ハムスター ハムスター 改・シカさん シカ セイウチ セイウチ カマキリ カマキリ イグアナ イグアナ トナカイ トナカイ ブタ ブタ オウム オウム クマ クマ リス リス サルの赤ちゃん 猿の赤ちゃん 猫のあくび あくびする猫 コリー コリー犬 白鳥 ハクチョウ 悪者タコ タコ カメレオン カメレオン トンボ トンボ チョウ チョウ カマキリ カマキリ カミキリムシ カミキリムシ オタマジャクシ オタマジャクシ 見上げる犬 見上げる犬 クマ クマ ウサギ ウサギ クマ クマ テングザル テングザル ヤギ ヤギ ゴリラ ゴリラ オランウータン オランウータン ウサギ ウサギ ゾウ7 ゾウ 羽ばたく鳥 羽ばたく鳥 コザル コザル ゾウ ゾウ カバ4 カバ シマウマ シマウマ ハゼ ハゼ ブタ全身 ブタ ペンギン ペンギン マッコウクジラ マッコウクジラ ムツゴロウ ムツゴロウ パンダ パンダ カワウソ2 カワウソ ラクダ ラクダ クマ クマ 走るシカ シカ シマウマ シマウマ アシカ アシカ リス リス ウマ2 ウマ カワウソ カワウソ 飛び立つカモ カモ アリクイ アリクイ ゾウ2 ゾウ ウマズラハギ ウナヅラハギ テナガザル テナガザル ゾウ ゾウ キリン キリン 熊の後ろ姿 熊の後ろ姿 ウサギ ウサギ カンガルー カンガルー ゾウ鼻 ゾウ横顔 犬 イヌの横顔 フクロウ2 フクロウ 改・ウマさん ウマ ペンギン ペンギン ハト ハト シャムネコ シャムネコ クマ2 クマ リス2 リス メガネザル メガネザル オランウータン2 オランウータン ウマ7 道産子 プードル プードル クジラの尻尾 クジラの尻尾 ナメクジ ナメクジ タイ タイ カピバラ カピバラ ゴマフアザラシ ゴマフアザラシ 枝の鳥 枝の鳥 トカゲ トカゲ キリン キリン ワニ2 ワニ 鯉 コイ サイ サイ イルカ イルカ タヌキ タヌキ カバ カバ カメ カメ カエル カエル ヘビ ヘビ ウミガメ ウミガメ サケ サケ ワニ ワニ 改1・オオカミ オオカミ 改・カメさん カメ アンコウ アンコウ カモメ カモメ サメ サメ ワニ ワニ ブタ ブタ 走る犬 走る犬 ヘビ ヘビ イルカ イルカ 川を渡る馬 ウマ ネズミ ネズミ ワシ トリ カニ カニ アルマジロ アルマジロ メガネザル メガネザル ドジョウ ドジョウ カタツムリ カタツムリ ピラルクー ピラルクー 舌を出すヘビ ヘビ チャウチャウ チャウチャウ ウツボ ウツボ アサリの目 アサリの目 イグアナ イグアナ キリン2 キリン 改・イノシシさん イノシシ コアラ コアラ ナマズ2 ナマズ サフォーク サフォーク アリクイ アリクイ オタマジャクシ カエルノコ コゾウ コゾウ サンマ サンマ カラス カラス キツネ キツネ シカ シカ コイ コイ トカゲ トカゲ フクロウ フクロウ カタツムリ カタツムリ イルカ イルカ コアラ コアラ ハリネズミ ハリネズミ ウーパールーパー ウーパールーパー
人気珍樹【番外】編
洋式トイレ 洋式トイレ パイプ パイプ トイストーリー ウッディ トイストーリーウッディ セサミ・オスカー セサミ・オスカー サリー・パパ サリーちゃんパパ ろくろ首 ろくろ首 改・カッパさん カッパ 松ぼっくり 松ぼっくり トトロ トトロ 左門豊作 左門豊作 江戸川コナン コナンくん セサミストリート エルモ セサミストリートエルモ ゴマちゃん ゴマちゃん ふなっしー ふなっしー バリィさん バリィさん ウルトラマン2 ウルトラマン オバケのQ太郎 オバケのQ太郎 P子 P子 O次郎 O次郎 ジャイアン ジャイアン ゴジラ ゴジラ ミニラ ミニラ ダースベイダー ダースベイダー ビバンダム ビバンダム 磯野波平 磯野波平 タラちゃん タラちゃん アナゴくん アナゴくん スヌーピー スヌーピー アラレちゃん アラレちゃん カールおじさん カールおじさん コロンボ刑事 コロンボ刑事 力石徹 力石徹 ノンノン ノンノン 加トちゃん 加トちゃん クレヨンしんちゃん クレヨンしんちゃん ガチャピン ガチャピン ガキでか がきデカ 仮面ライダー 仮面ライダー のらくろ のらくろ キン肉マン キン肉マン 涙を流す人面樹1 涙を流す顔 鼻水を啜る 鼻水を啜る顔 ねずみ小僧 ねずみ小僧 歌舞伎メイク 歌舞伎メイク ひょっとこ ひょっとこ メフィラス星人 メフィラス星人 雷様 雷様 ピエロ3 ピエロ 真実の口 真実の口 ネッシー ネッシー スヌーピー スヌーピー フィリックスザキャット フィリックスザキャット 改・ムンクさん ムンクの叫び ヤッターマン・ドロンジョ ヤッターマンドロンジョ ジェイソン ジェイソン 改・埴輪さん 埴輪 知恵の輪 知恵の輪 炎まとい まとい がまぐち がまぐち パイナップル パイナップル バッキンガム宮殿の衛兵 イギリス衛兵 忍者 忍者 毎日かあさん父 毎日かあさん父 ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの鬼太郎 ねずみ男 ねずみ男 猫娘(第2期) 猫娘 ピグモン ピグモン ダッコちゃん ダッコちゃん ヒロアハンズダケ キノコ ひらがな「て」 「て」の字 ひ 「ひ」の字 と 「と」の字 ん 「ん」の字 モヒカンドレッドヘアー モヒカンヘアー 歌川国芳・画風 歌川国芳画 ドナルドダック ドナルトダック 天狗 天狗 スティッチ2 スティッチ パトラッシュ パトラッシュ ナマハゲ ナマハゲ ハローキティ ハローキティ クレヨンしんちゃん2 シンチャン ピグモン ピグモン 無人島 無人島 靴水中メガネ 水中メガネ ミニラ ミニラ ボクサー カウンターパンチ
人気珍樹【人体樹】編
女性の後ろ姿 女性の後ろ姿 手 手首 人差し指 人差し指 腕手の骨 手の骨 美脚 美脚 親指 親指 キスシーン ガッツポーズ ガッツポーズ オペラ歌手 オペラ歌手 フラダンス フラダンサー ボディビルダー ボディビルダー よじ登る よじ登る 寝そべる 寝そべる スノーボーダー スノーボーダー スキージャンパー スキージャンパー 宇宙飛行士 宇宙飛行士 クラウチングスタート クラウチングスタート ブーツを履いた美脚 ブーツの脚 だっちゅーのポーズ だっちゅーの ガイコツ ドクロ どじょうすくい踊り どじょうすくい 歯重量挙げ 重量挙げ 気になる美脚 美脚 腕立て伏せ 腕立伏せ スカイダイバー 万歳!! ヘッドスライディング ヘッドスライディング クチビル くちびる赤ちゃんのお尻 お尻
カテゴリ